はじめてのヒルクライム練習!

 突然ですが、実は私、ヒルクライムが苦手なんです!

平地はたぶんそこそこ走れる(といってもしれてますけど・・・)んですけど、坂道が異様に遅いんです。

平地でブチ抜いた奴に坂道でブチ抜かれる!なんて日常茶飯事ですし、先週なんて下りで1度抜いたランナーに上りで抜かれそうになりました(´;ω;`)

せっかく自転車に乗るんだから、上れるようになりたいなあ〜と考えてる今日このごろ。

 ところで、今月のサイクルスポーツ、ヒルクライムの特集です!

これは、今の私のためにあるようなもの!買いだな・・・

なんて思いながらバイシクルクラブの方に目をやると、なんと、こちらもヒルクライムの特集です!

う〜ん、迷うぜ!

さらにファンライドも見てみると、こちらもヒルクライムの特集です!

な、なんだと!

なんと、今月の自転車雑誌3冊が特集でかぶるという事態が発生していました(笑)

どうしようか悩みます。

結局3冊とも買いました(´・ω・`)

 というわけで、行ってきましたよ。



六甲150424
六甲山(´・ω・`)

 3冊の雑誌の中から採用した練習方法は

バイクラに載ってた「峠リピート走」

採用した理由は峠を4回上がるだけと私のようなバカでも出来そうだから!

FTPとか難しいことが書いてありましたが、もちろん無視(笑)

今回練習する峠には「裏六甲ドライブウェイ」を採用!

いつも上ってる表六甲は現在2箇所で工事片側交互通行になってるから今回はパス!

何故なら、タイム云々ではなくガードマンのおっさんと8回も顔を合わすのが嫌だから(´・ω・`)



裏六甲150424
さて、裏六甲ドライブウェイに来ましたよ。

っていうかここまで来るのにもうすでに裏六甲3本分ぐらい体力使ったんじゃね(´・ω・`)?って感じです。

裏六甲今まで自転車で1回も走ったこと無いんですけどね。

1本目

今から上る道を状況を確認しながら下っていきます。

思ったより長いな。そう感じました。



裏六甲下150424
関西ヒルクライムTTのスタート地点でUターンです。

早速上ります。初めて裏六甲を上った感想は、勾配も緩く距離も短く表六甲よりかなり楽だと思いました。

表六甲の半分ぐらいの体力で上れそうです(笑)

よし!4本がんばるぞ~(`・ω・´)

ちなみに、関西ヒルクライムTTによると

表六甲
 標高差 435m
 距離 4.8km
 平均斜度 9.1%
 最大斜度 16.0%

裏六甲
 標高差 288m
 距離 3.8km
 平均斜度 7.5%
 最大斜度 10.0% 

だそうです。



コーラ1504241
1本上り終わった後、ボトルのドリンクが残り少なかったのでコーラを補給です。
100円につられて買ったんですが、缶みじかっ!

補給を終えたらすぐに2本目です。

っていうか、人生初のヒルクライムおかわりです。

2本目も1本目と同じぐらいのペースでこなし、すぐに3本目です。

さすがに3本目ともなるとペースが上がりません。



コーラ1504242
ここでラストに備えて再び補給です。
今度はペットボトルを買いました( ^ω^)



サクラ150424
疲れたので下でもちょっと休憩
まだ桜が咲いてます。

さあ!ラスト1本がんばるぞ!(`・ω・´)

そう気合を入れて出発したのですが、全然ペースが上がりません(´;ω;`)

この30分ぐらいの間に地殻変動が有ったのだろうか(´・ω・`)?

さっき通ったはずなのに、もうダンシングじゃないと上れません。

最後はもうフラフラになってしまいましたが、何とかゴール出来ました!

もう「エイドリア~ン!」って叫びたい気分です。

叫びはしませんでしたが、頭のなかにはあのテーマ曲が流れていたのは言うまでもありません。

何を言ってるかわからない人は映画「ロッキー」を見て下さいね。

1つのこと(練習ですが)をやり遂げた!という達成感を味わいながら、来た道を戻っていったのでした。

 さて、六甲山には上ったことは何度かあるんですが、タイムを計りながら同じ所を何度も行ったり来たりするストイックな練習は、今日が初めてでした。
せめて人並みに坂を上れるようになりたいので、これからもヒルクライムの練習とかは続けていきたいと思います。

 自分が自転車で走った記録を残そうと思って始めたブログ
練習の記録だけのつまらない記事も出てくるかと思いますが、お付き合いいただけたら幸いです。

 もっと練習したいけど時間が・・・
 夜走るしかないのか(´・ω・`)


 本日の記録(サイコン)
 走行距離 50.2km
 走行時間 3h14m54s
 平均速度 15.4km/h
 最高速度 71.2km/h
 ケイデンス平均 59rpm
      最高 123rpm
 心拍数平均 143bpm
    最高 178bpm
 消費カロリー 2368kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ひとりでできるもん!淡路島1周(アワイチ)

2015年4月21日

 その日の朝、自然と目が覚めて、布団のに入ったまま外の様子を伺います。

車のタイヤから発せられるシャーって音、ポタポタ水が滴り落ちる音。

雨ですやん・・・(´;ω;`) 


 そして陽の光を浴びて2度目の朝を迎える。

晴れてますやん!

外を見ると、たまたま雲の切れ目からお日さまが顔を出しただけで曇り空でした。

しかし陽の光が私の顔を照らさなければ昼まで眠り続けていたことでしょう(笑)

路面はまだ濡れているようですが雨は完全に上がっています。

天気予報を確認するともう雨は降らなさそうです。

 とりあえずさっと朝食を済ませ走りに行く準備をしました。

いつも通り何処に行くか決めてません!

とりあえず今日も六甲山上がるか?
すでにブログのネタ切れ感があるので違うところにしておこう。

時間は既に8時を過ぎています。

うーん、どこ行こ?


そして・・・


来てしまいました。



岩屋港150421
あ・わ・じ・し・ま(笑)


 というわけで、今日は淡路島のレポートです。

これから淡路島に挑戦する人の参考になるよう頑張って書いていきたいと思います。


 淡路島に到着してまず岩屋の駐車場に車を止めて準備しますが、とにかく寒い!寒すぎる!

雨とか降ってきた時に着ようと思って持ってきたウインドブレーカーを早速着用です。

それでも寒い・・・

結局、1日ウインドブレーカーを脱ぐことはありませんでした。

 さあ出発です!

洲本方面へ国道28号線で海岸沿いをひた走ります。

この区間はほぼ平坦です。

風は横から吹いている感じですが、この日は脚が勝手に回ります。

横からの風を強く感じますがどうやら追い風みたいです。
普段ではあり得ないスピードで走れて気持ちよかったです。

 洲本市に入るとすぐに道路標識を見て、洲本温泉方面に向かいます。
ここからは県道76号線です。



洲本150421
洲本から走って来た道を振り返ります。
遠くを見て、結構走って来たなあ~と思い出に浸ります。
天気が良ければ明石海峡大橋まで見えるのですが、この日は霞んでて遠くまで見えません。

ちなみにこの時点で約30km、まだ120kmぐらいあります!



ラストコンビニ150421
そして通称「最後のコンビニ」で休憩です。
ここから当分の間コンビニはありません。
淡路島のコンビニはサイクルラック等があって自転車乗りに優しいです。

 最後のコンビニから少し走るといよいよ山道が始まります。



ナゾのパラダイス150421
一つ目の峠にある立川水仙郷でとりあえず写真撮影。
テレビで有名になったアソコです。



南淡路水仙ライン150421
一つ目の峠通称「ナゾのパラダイス峠」を越えると海岸沿いを平坦な道が続きます。

この先約13km信号もアップダウンもありません!

ここでは平日は車もほとんど走っていないので、
海を眺めながら白線の上を走る練習や手放しの練習、そして歌の練習もします。



沼島150421
坂道が始まる手前で沼島を見ながら休憩です。
平坦路を頑張った私の脚はここで終わりました(´;ω;`) 



灘大川150421
ここから最大の難所と言われている灘大川の激坂が始まります。
よく見ると遠くの方にこれから走る道が・・・

 灘大川の激坂をクリアして今度はホテルニューアワジ♪の坂を上ります。



ホテルニューアワジ展望台150421
ホテルニューアワジ♪前の展望台から大鳴門橋を眺めます。
なかなかの絶景です。

このころから天気が良くなってきました。



ホテルニューアワジ風車下150421
ホテルニューアワジ♪の風車の下からの眺め。
ここもいい景色です。

 ホテルニューアワジ♪の坂を越え福良の町に入るとようやく昼食タイムです。



鼓亭150421
昼食はアワイチストにはおなじみの鼓亭です。



猪豚丼150421
今日は猪豚丼をいただきます(^ω^)
カレーつけ麺も気になりますが・・・

ちなみにこの後すぐに鳴門岬のヒルクライムがありますので食べ過ぎには注意が必要です

 食後はいきなりのヒルクライム!道の駅うずしおに向かいます。



大鳴門橋150421
大鳴門橋で記念撮影。

せっかくなので大鳴門橋の下まで行ってみることにします。



渦潮150421
鳴門の渦潮(´・ω・`)?



大鳴門橋下風景150421
ここでも走って来た道を遠くに眺めます。
正面に見えるあのホテルと風車の前を走って来たんだなあ~。



道の駅うずしお150421
大鳴門橋からこれから走る方角を眺めます。
ここからまだ60km以上あります。

 道の駅うずしおでの休憩もそこそこに、来た道を少し戻り淡路サンセットラインを目指します。

ここからは道が分かりづらいですが、とりあえず道路標識を見て県道25号線で阿那賀方面を目指します。

阿那賀まで来たら湊という所を目指します。

道がわからなくても通る地名を覚えておけば何とかなります。

ただし、洲本だけは通り過ぎた後にも何度も出てきますのでご注意を(笑)

 湊交差点から県道31号線となり後は淡路サンセットラインと呼ばれる道になります。

ここまで来たら後は1本道、迷うことは無いでしょう。



慶野松原ローソン150421
慶野松原のローソンで休憩です。
太陽がぽかぽか気持ちいいです。

アワイチ後半左側にはコンビニはここしかありません
私もよくやるのですが、次、左側にコンビニが出てきたら休憩!って決めて走るとエライ目にあいます。
注意しましょう(´・ω・`)

 さて後半戦残り約50km!

風は止んだのに全然スピードが出ません。
淡路サンセットラインの微妙なアップダウンが疲れた身体にこたえます(´;ω;`) 

この区間、途中でオルベアのロード乗った人に抜かれました。
抜かれたけどなんかついて行けそうだったのでついて行ってたんですが、途中のゆる坂でちぎられました
そして私だけ信号に引っかかってジ・エンド(´;ω;`) 

もっと上りを鍛えねば!(`・ω・´) 



サイクルオアシス郡家150421
しばらく走って、サイクルオアシス郡家港南で休憩です。
淡路島は所々にこういった休憩所があります。
とりあえずジュースとトイレには困りません
ありがたいですね。

残りは約25kmです。
もうひと頑張りです。

淡路サンセットラインを走っていると遠くに本州側の街並みが見えてきます。
だんだん街が近づいてきてゴールはもうすぐだ!と思います。

でも明石海峡大橋はなかなか見えてきません(´;ω;`) 


そして・・・



明石海峡大橋150421
道の駅あわじで記念撮影

 最後は岩屋の駐車場までまったりゆったり帰ります。

ふう~疲れたぜ。

本日の記録(サイコン)
走行距離 155.3km
走行時間 5h56m48s
平均速度 26.1km/h
最高速度 65.7km/h
ケイデンス平均 79rpm
     最高 115rpm
心拍数平均 144bpm
   最高 187bpm
消費カロリー 4032kcal

以上、淡路島一周レポートを終わります。


 淡路島は自転車乗りにとって本当に素晴らしい場所です。
素晴らしい景色、信号の少ない道路、適度に散りばめられたアップダウン、そして自転車に理解のある優しい人々。
景色を楽しみながら走ることも、ストイックにトレーニングすることもできます。
始めて淡路島を一周し終わった後の感動は今でも忘れられません。
また行きたくなります。

まだまだ一周する自信がない人でも大丈夫!ヒルクライムは短いので自転車押してもなんとかなります。
また、60km、100km、120km等色々なコースを設定して走る事が出来ますので自転車を始めたばかりの人も楽しめると思います。
まだ淡路島に行った事がない人!
今年は挑戦してみてはいかがでしょうか?

 もし淡路島行ってみたいけど1人じゃ不安だっていう人がいれば私が案内しますよ。
ただし脚力がない人に限ります(笑)



最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

自転車屋さんとの闘い!?私がロードバイクに乗るようになった理由2 自転車選び編

 4月になってから鬱陶しい雨の日が続きますね。

せっかくブログ始めたのに自転車に乗れないのでブログの記事が書けません(泣)

というわけで、本来ならば自転車に乗っている?であろう時間を利用して、自分が自転車を買った時の様子を思い出しながら書いていきたいと思います。

これから自転車を買おうと思ってる人の参考になればよいのですが・・・

 私が自転車を欲しくなった様子はこちら(笑)


前回からのつづきです。

 さて、自転車を買うことを決めてからネットや雑誌等で色々調べましたよ。

前に乗っていた自転車を買ってからほとんど自転車の情報を得ることがなかったのでまさに浦島太郎状態です。

ちなみに前回の自転車購入が世紀末だったので10年以上の月日が流れています。

この約10年の間で自転車事情がどのように変わっていたかというと

 ・マウンテンバイクブームは終わっていた!

 ・ロードバイク激増!

 ・クロスバイク何それ(´・ω・`)?

ってな感じです。

 写真だけではイメージが湧かないので、自転車屋さんに実物を見に行きました。

 まずは大型量販店でとりあえず自転車を見ます。

この時はまだ特に車種も決めてなく10万円ぐらいでクロスバイク買えばいいやと思ってました。

特に店員と喋ることもなく漠然と見ていました。

5万もあれば聞いたことあるメーカーのクロスバイク買えるな・・・とか思いながら。

 そして勇気を出して?いよいよ専門店へ。

 ・運動不足解消のために乗るということ

 ・トレーニング以外では乗らない(通勤や買物には使わない)

ということを店員さんに伝えるとロードバイクを勧められました。

「試乗車あるからとりあえず乗ってみなはれ!」

みたいな感じで早速試乗です。

「何これ!めちゃくちゃ軽~い!」

「ちょっと踏んだだけでめちゃくちゃ進むう~!」

「スピードが出て超気持ちいい~!」

等というブログで初めてロード乗った時によくある感動は一切ありませんでした(´・ω・`)

ただのハンドルが低い自転車です。

試乗が終わり店でカタログを見ながら自転車のモデルの特徴等説明してもらいました。

そして分厚いカタログまでもらってしまいました。

ロードバイクに興味はありましたが、それでもまだこの時点ではロードバイクを買おうとは思っていませんでした。

何故なら、ヘルメットかぶってピチピチのジャージで走ることに抵抗があったからです。

 後日、違う店に自転車を見に行きました。

先日同様、自転車が欲しい理由を店員さんに伝えたところ、

「お客様のような方でしたら、クロスバイク買ってもすぐにロードバイクが欲しくなると思いますよ。」

と言われ、こちらのお店でもロードバイクを勧められました。

この時は「?」って思いましたが、今思えば正解です(笑)

 この店でもロードバイクを試乗してから、ロードバイクを買う前提で話は進みました。

っていうかクロスバイクについては一切触れず・・・

う〜ん、もうロードバイクでいいかな(笑)

とりあえず、予算を言うとその予算ギリギリかちょいオーバーするぐらいの自転車を勧められそうな気がしたので、

ここは強気に、予算はいくらでもある!(`・ω・´)と言ってやりました。

予算はいくらでもあると同時にこれから自転車を始めるシロウトであることも伝えておきました。

この時にシロウトにどんな自転車を勧めてくるかで、その店を判断しようと思ったのです。

ここでいきなりハイエンドモデルを勧めてきてたらおそらくその店では買ってなかったでしょう。

っていうか実際考えてた予算は総額20万円ぐらいでとてもじゃありませんがハイエンドモデルなんて買えません(´;ω;`)

遅いヤツが高い自転車乗っててもカッコ悪い!という私の個人的な考え(っていうか本当は金が無い)を伝えて勧めてもらったのが、

こちらのモデル


trek2.3
TREK 2.3 2011年モデル

 以後このモデルを中心に話を進めていきました。

まずアルミとカーボンの違い。

この当時はまだカーボンは高級で取り扱いが難しいというイメージが有り初心者がいきなりカーボンバイクに乗るのは何だか恥ずかしい気もしました。

そして、カーボンはコケたら割れるらしいとネットで見ました。

というわけでカーボンは最初からパスするつもりでした。

でも、あと少し足したらカーボンの下位モデル買えるな・・・

やっぱりカーボンのほうがかっこいいという気持ちもあったので(どっちやねん)

カーボンの下位モデルを指してこれとあれはどう違うのか聞いてみました。

「まず安いカーボンはアルミと比べて乗り心地はいいですが剛性が低く踏んでも進まみません。」

「機材としての性能はこちらのアルミのモデルほうが優れているので私はお勧めしません。」

「カーボンの素晴らしさを体感してもらうには最低限こちらのグレード以上のモデルをお勧めします。」

更に高いグレードのモデルを勧められてしまいました(´・ω・`)

正直、この時はそんなに違うの?って感じでしたが。

 その他に何が違うかというと、安い方のカーボンのモデルはコンポこそ105と書いてありますが、ブレーキとクランクがシマノではないグレードの低い物が付いていました。

特にブレーキがダメでもし買われるのなら交換することをお勧めするとのことです。

値段を下げるためにこういう所でコストダウンしているそうです。

注)ここで、いきなりコンポのことについて触れましたが、わからない人のために簡単に説明すると、コンポ(コンポーネント)とは自転車に付いてるブレーキとか変速機等のパーツ一式のことでグレードごとに分けられてます。

 えらい(グレードの高い)順に
  デュラエース>アルテグラ>105>ティアグラ>ソラ
 となっています。

話を戻します。

そして一番違うのが、タイヤとホイールでアルミのモデルの方には性能の良いホイールが付いているとのこと。

このホイールが付いてるだけでもこのアルミのモデルは買いらしいです。

カラーは安いカーボンのモデルのほうがカッコ良かったのですが、店員さんの説明を聞いてカーボンの夢は崩れ去りました。

 でも、アルミのモデルにはもうひとつ上のグレードがあります。

なぜ最上級ではなくこちらのモデルを勧めるのか聞いてみたところ、

違いはコンポだけだそうで高い方には一つ上のアルテグラが付いていました。

店員さんが言うには、アルテグラと105では値段差ほどの性能差はないそうです。

ましてや初心者ならなおさら違いは感じられないでしょうとのこと。

 無駄に高い方を勧めるのではなく、性能差が少なければ安い方を勧めてくれるとはなんて親切なんだ!(店員さんの戦略にはまってる?)と思ってしまいました。

 というわけで・・・

写真のモデル買っちゃいました。

でもこの時は普段着で乗ろうと考えてました。

やはりヘルメットかぶってピチピチのジャージで走ることに抵抗があったからです。

 買うと決まってから身体のサイズを測りローラー台にセットされた自転車にまたがります。

店員さん
「どうですか?」


「わかりません!」

等と会話を交わしながら自転車を漕ぎます。

結局わけのわからないままポジションを決めてもらいました。

今思えば、最初はキツイと感じましたが、乗ってるうちにすぐに慣れました。

最初キツイと思っても自転車屋さんの言うことは聞いとくべきだなと思いました。

後は付属品の購入です。

ペダル(付いてねえのかよ!)
サイコン
空気入れ
サドルバッグ
予備チューブ
CO2インフレーターとボンベ
タイヤレバー
グローブ
ドリンクホルダー
ボトル

そして勢いで(買う気のなかった)
ヘルメット
サングラス(オークリー)
半袖ジャージ
レーパン(ビブショーツ)
まで買ってしまいました。

バリバリ予算オーバーです(´;ω;`)

ライトとテールランプは他所で買ったかな?

自転車は在庫があったので納車まで1週間かからなかったような気がします。

っていうかさっき乗った自転車持って帰れるんじゃねえのかよ・・・


 こうして2011年春、

あれだけ否定してたのにもかかわらず1人のピチパンローディが誕生しましたとさ(笑)

 私の過去のライド記事の写真を見ていただいた方で、自転車違うじゃねーか!って思われた方。

現在はカーボンのモデルに乗り換え、この時買った自転車は友人の手元にあります。

買い替えた時の話なんかも後日書いていきたいと思っています。

 さて、次回は納車編

 つづく・・・のか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

梅雨?やっと雨が上がりましたよ

最近梅雨入りしたかのごとく雨ばかりでしたね。
そしてやっと今日(2015年4月16日)雨が上がりました。

というわけで走ってきましたよ!



新六甲大橋下150416
六甲山(´・ω・`)

またですか?

はい、またです。
でも、今日は何だか最初から足が重い・・・

途中、追い抜いたランナーに抜かれそうになる!
という事件がありましたが、なんとか抜かれずに一軒茶屋に到着!



六甲山上り150416
というわけで一軒茶屋の向かいから山頂に上がります。



アンテナ150416
山頂のアンテナ



六甲山150416
いつもの・・・(´・ω・`)
今日は自衛隊のヘリも一緒にパチリ

おーい!助けてくれー!
と意味もなく手を振りたいところですが他のハイカーがいたのでここはガマン!



六甲山景色150416
今日も霞んでます。


とりあえず写真とったら宝塚方面にGO!



末広公園150416
末広公園で一番栄養価の高そうなドリンクを補給!



サクラ150416
ソメイヨシノは散ってしまいましたが
サトザクラはまだまだ見頃です。

ところでサトザクラってバラ科なんですけど知ってました?
実は私、植物に詳しいんです!


サトザクラ150416
あっ(´・ω・`)



武庫川150416
末広公園で一休みした後は武庫川サイクリングロードで国道2号線へ向かいます。



武庫大橋150416
武庫大橋
大正15年竣工の歴史ある橋です。
実は私、橋とか古い建造物に・・・
えっ!もういいって(´・ω・`)?

ここから2号線を走って帰りましたとさ。

終わりっと・・・



本日のルート(いつも同じですが・・・)


本日の記録(サイコン)
走行距離 52.9km
走行時間 2h40m31s
平均速度 19.7km/h
最高速度 73.3km/h
ケイデンス平均 72rpm
     最高 126rpm
心拍数平均 146bpm
   最高 181bpm
消費カロリー 1650kcal
先週よりも遅なってまんがな(´;ω;`)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしかったら一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

自転車通学?はじめてのロードバイク

最近雨ばかりで全然自転車に乗れません(´;ω;`)

というわけで今日は自転車に乗らない記事。


 先日、ある方から

「ウチの息子ロードバイク欲しいって言ってるから相談乗ってあげて!」

と言われました。

最近、ロードバイクばかり乗り回しているので自転車に詳しいと思っていただいてるみたいでしてこんな相談を受けました。

自転車乗りとしての実績は無いですが、まあ私の考えを伝えるという意味でOKしました。

これから書くアドバイスじみたことは、自転車屋さんでも選手でもないただのシロウトの考えです。

これからも自転車に乗り続けることによって、考え方も変わるかもしれませんが、とりあえず今思ってることをこれからロードを始めたいと思ってる若者に精一杯伝えていきたいと思います。

OKした数日後、早速彼(ここでは仮にT君としておこう)からメッセージが届きました。

ちなみにT君は今年の春から高校2年生です。

「Tです。通学用にロードバイクを買おうと考えているんですが、おすすめを教えていただけないでしょうか? ちなみに、予算は10万円までぐらいを考えています。」

私は、通学用というのが引っかかったので逆に質問しました。

「学校にロードバイクを置いとく場所はあるのでしょうか?」

ついでに80万円のロードバイクを学校に乗って行って盗難にあった記事も送っておきました。

この記事については「80万円のロードバイクで学校行った結果」みたいな感じで検索するといっぱい出てきます(笑)

しばらくして

「学校内に駐輪場があり近くに警備員がいるのでたぶん大丈夫です。」

という返事が返ってきました。

文字を入力するのが面倒くさく・・・実際に会って話し合いたいと思ったので後日会う約束をしてその日は終わりました。

 それからT君に会う日までに、各メーカーのエントリーモデルをネットで調べたりしましたよ。

どうやら、円安の影響で何処のメーカーも定価は上がってるみたいです。

正直10万円以下は少し厳しいかなと思いました。

彼は予算をオーバーしてでもロードバイクを購入するのだろうか?

そんな不安が少し頭のなかをよぎりました。

ロードバイクの素晴らしさを体感してもらうために当日は私のバイク(TREK MADONE5.2)に試乗してもらうことにしました。

私のバイクに乗って彼がより一層欲しいと思うかどうかは賭けですが・・・

 そして約束の当日、私は車に自分のバイクを積んで彼に会いに行きました。

早速彼には試乗してもらうことに

私「とりあえずチャリ持ってきたったから乗れや!」

T君「い、いいんですかっ!」

私「でもコケんといてな!コケたら泣くで・・・」

まずは乗る前にその軽さを実感してもらうために手で持ってもらいました。

「軽っ!」

その様子を見ていた周りの人や知らない子供まで集まってきてみんな

「持たせて〜」 「軽っ!」

「オレもオレも」 「軽っ!」「軽っ!」

「お前ら、カルカル教の教祖かっ!」

ちょっとした人集りが出来てしまいました(笑) 

そしていよいよT君の試乗です。

簡単にトップチューブにまたがってから乗る方法とシフトチェンジの仕方を説明してから乗ってもらいました。

「すごく楽しいです!」

どうやら喜んでもらえたようです。

その後T君と私は2人で自転車屋に自転車を見に行くことに

私 「T君連れて自転車屋さん行ってくるわ!」

T君母「どこでも連れ回してきてちょうだい!」

私 「オレとつるんでたら変態!って呼ばれるようになるで!」

T君母「うちの子ちょっと真面目すぎるから構わへんで!」

私 「じゃあ夜の街連れ回してくるわ!」

T君母「お願いします(笑)」

 親の承諾を得た私達は早速、車に乗り込み自転車屋さんへ向かいます。

私 「どんな自転車が欲しいん?」

T君「初めてのロードなのでとりあえず10万ぐらいでアルミのが欲しいです。」

私 「何でアルミなん?」

T君「カーボンは初心者には取り扱いが難しいらしいって聞いたので。」

私 「あんまり変わらんで。」

T君「そ、そうなんですか?」

私 「オレ前アルミのヤツ乗ってたけど同じように扱ってるで。」

T君「・・・」

私 「実際カーボンが割れるような激しいクラッシュしたら、アルミのフレームでもただじゃすまんって!たぶん・・・」

T君「たぶんって・・・」
  「じゃあアルミとカーボンってどこが違うんですか?」

私 「乗ってみて一番わかりやすいのは乗り心地かなあ?」
  「アルミは衝撃がダイレクトに伝わってくるけどカーボンは衝撃がかなりマイルドになるなあ。」
  「それと重さの違いも感じるなあ。漕ぎ出しだけじゃなくコーナー曲がる時とかもカーボンのほうが軽さを感じるなあっていうか実際軽いねんけどな。」
  「でもアルミにも長所があるねんで!」

T君「どこですか?」

私 「アルミは硬いからペダルを漕ぐ力をより多く路面に伝えることが出来るねんで!」

T君「じゃあ乗り心地のいいカーボンは遅いんですか?」

私 「カーボンはアルミと比べて設計の自由度が高いんやで。ペダルの周りなど駆動に関わる部分の剛性を上げてそれ以外の部分はしならせて振動を吸収させることが出来るんやで。」


そんな会話をしながら自転車屋さんに到着しました。

私 「今日は自転車を見にきただけやで!」
  「いろんな自転車を見て自分がほしい自転車を見つけるんや!」

とりあえず自転車を片っ端から見ていきます。

まずはPINARELLO!

私 「見てみ!このグニャグニャ!なんかエロいやろ?」

T君「・・・は、早そうっすね(汗)」

次にCOLNAGO!

私 「ここはイタリアのメーカーでフェラーリの自転車も出してんねんで!カッコイイだろ?」

T君「・・・す、すごいっすね(汗)」

私 「ドンキホーテとかに売ってるマークだけの安物とはちゃうねんで!」

T君「・・・」

次はDE ROSA!

私 「ハートのマークでおしゃれなデザインが特徴や!」
  「ちなみに、COLNAGO、PINARELLO!DE ROSA!がイタリアの代表的なメーカーやで!日本で言うたらたけし!タモリ!さんま!
のお笑いビッグ3みたいなもんや!」

T君「・・・」

次にTREK!

私 「オレの乗ってるバイクメーカーや!カッコイイだろ?

T君「・・・か、か、カッコイイっす」←ほとんど脅迫(笑)

そしてCannondale!

私 「キャノンデール!アルミフレームのCAADシリーズが有名や!」
黄色と黒のCAAD8を指して
  「これカッコイイやん!阪神タイガースみたいで!六甲山も颯爽と登れるはず(笑)」

T君「・・・」

私 「この自転車屋さんには置いてないけど、あとSPECIALIZEDってメーカーが有って、TREKとCannondaleと合わせてアメリカのたけし!タモリ!さんま!や!」

T君「・・・」

ここで、やたらとCAAD8が置いてあったのでここでT君にコンポの違いによる値段の違いを説明します。

T君「同じフレームでもパーツの違いでこんなに値段が変わるんですね。」

ついでにフレームのサイズについても説明します。

そしてロードの場合は大は小を兼ねないことや、好き好んで小さめのフレームを選ぶ人も居ることも説明。

ところで、T君はまだ高校2年生!まだまだ背が伸びる可能性はあるし残念ながら伸びない可能性だってある。

サイズ選びは難しいところです!

そんな感じで自転車を見ながらまだまだ各メーカーごとに説明していきます。

ほとんど見た目と私の偏見ですけど!(笑)

そして私は最後にT君に言いました。

好みなんて人それぞれ!カレーライスが好きな人が入ればラーメンのほうが好きな人もいる。

私のおすすめが君にとって最高の1台になるとは限らない。

実際に見て自分が欲しいと思った自転車を買いなさい

そして、お金がなくても若さがある!

安くてもかっこいい自転車はたくさんある。

自転車に乗り出したらすぐに私より速くなるだろう。

通学だけとは言わずロードバイクを楽しんで欲しい

閉店の時間になったのでT君と私は夜の街に晩飯を食いに行きました。

そして父親から帰りの電車賃と晩飯代をもらっていたのを知っていたのでT君を家まで送り

「今日浮いた電車賃はロードバイクを買う足しにしなさい」(`・ω・´)

とカッコをつけてから別れたのでした。

これで私の好感度も上がったはず!

などとセコいことを考えながら家路についたのでした。

はたしてT君はロードバイクを買うのだろうか?

つづく・・・はず(´・ω・`)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

六甲山に上がってきたよ!リベンジ編!

前回極寒の中薄着で六甲山に上がる!という愚行を犯した私は二度と同じ過ちを犯すまいと心に誓ったのであった。

そして、2日後の今日(2015年4月9日)再び六甲山に挑むことにしました。

今回は厚手のジャージとタイツを履いて冬用のグローブとウインドブレーカーを背中のポケットに入れて出発したのでした。

家を出た瞬間、うん!寒くない!

いつものようにゆっくり上がって行くのでした・・・
っていうか全力で上がってるんですけど速度はゆっくりです(泣)



新六甲大橋下ひつじ0409
新六甲大橋下で信号待ちのフリして休憩(笑)



一軒茶屋0409
無事一軒茶屋到着



六甲山最高峰0409
六甲山最高峰
今日は天気が良いので調子に乗って上がってきました。
曇ってますけど・・・



雪0409
昨日雪が降ったらしくまだ雪が残ってます。
風がないのであまり寒く感じません。



山頂景色0409
山頂付近からの景色
少し霞んでいますが今日は下まで見えます。



オフロード0409
ロードですがこんな道を下っていきます。



そして今日こそは快適ダウンヒルです!

って道悪いなあ〜おい!

路面のボコボコとかで吹っ飛ばされそうです。

末広公園でドリンクを補充してから

一昨日と同じ道を通って帰りましたとさ。

おわり・・・って今日も後半テキトーだな(´・ω・`)


本日のルート(前回と同じですが・・・)


本日の記録(サイコン)
走行距離 52.9km
走行時間 2h37m36s
平均速度 20.1km/h
最高速度 66.9km/h
ケイデンス平均 71rpm
     最高 115rpm
心拍数平均 144bpm
   最高 179bpm
消費カロリー 1529kcal
頑張ったつもりなのにこの前とあまり変わらないな(´・ω・`)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしかったら一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

六甲山に上ってきたよ!

 今日(2015年4月7日)は六甲山に行ってきました。

ブログを始めてからの初六甲山!っていうか2回めの走行。

写真を取りながらゆっくりまったり上がっていきます。

きゅ、休憩してるわけではありませんよ!

しゃ、しゃ、写真を取るために止まってるんですから・・・

実は去年の八月の台風で通行止めになって以来初めて上るので、足着き無しで行ける自信がありません(笑)

というわけで本日の記事はじまりはじまり~



 最近、4月なのに梅雨入りしたのかっていうぐらい雨ばかりで走りたくても走れません。

今日は雨もやんだし昼から時間が空くのでどこか走りに行こう!

で、どこへ行く?

昼から出かけて明るいうちに帰ってこれるところ。

家から明石の方へ100キロほど走ろうか?

明石までは平坦すぎて多分何も書くことがないだろう・・・

というわけで、六甲山に行くことにしました!

山頂まで行ける自信がないのは前述したとおり。

行けなきゃ行けないでブログのネタになるだろうという安易な考えで決定したのでした。

 昼食を食べた後、着替えて出発です。

家を出た瞬間・・・

寒い!寒すぎる!

一瞬、着替えて出直そうかと考えましたが、ヒルクライムだしすぐに温まるだろうと思いそのまま出発!

 今日は表六甲から上がるルートを選択しました。

阪急六甲の北側をエッチラオッチラ上がっていきます。



六甲ケーブル下駅
六甲ケーブル下駅
ケーブルカーに乗れば一気に山頂かあ・・・
あっ!もちろんケーブルカーには乗ってませんよ。



新六甲大橋下
新六甲大橋下交差点
ここが表六甲タイムトライアルのスタート地点
実はここまでが一番つらい(笑)



鉢巻展望台
鉢巻展望台
ここから阪神間の街が一望できます。
ここで車で上がってきてた老夫婦と喋ってたんですがとにかく寒い!
写真撮影を頼まれたのですが、何と昭和の香り漂う銀塩カメラ!
寒さで震える手でちゃんと撮れたかどうか心配です。
手ブレしてたらゴメンナサイ



丁字ヶ辻
丁字ヶ辻交差点
ここが表六甲タイムトライアルのゴール地点
ここから山頂の一軒茶屋を目指します。



一軒茶屋
一軒茶屋
自転車もハイカーもとりあえず六甲山頂目指す人のゴール地点



山頂景色
山頂付近からの景色(´・ω・`)



 とりあえず一軒茶屋に着いたんですが、とにかく寒い!

ここに来て家出た瞬間着替えなかったことを後悔します(´;ω;`)

持ってきていたウインドブレーカーを羽織って地獄のダウンヒルの始まりです。


 宝塚方面に走り出します。

下り
地獄への入口(笑)



本来ならば気持ち良く坂を下るご褒美区間なのですが、とにかく寒いし、路面は濡れてるし視界悪いし最悪のダウンヒルでした。

あまりにも寒すぎて手足の感覚が無くなってきたので2回ほどストップしました。



ココア
なんとか下まで降りてきたので末広公園で手を温めながら休憩です。
寒すぎて全然やすらげねえ〜!


山頂より気温は高いはずなんですが身体が冷えきってて全然温かくなってきません。

 指先の感覚が戻ってきたのでとりあえず出発します。

武庫川サイクリングロードを通って国道2号線を目指します。

ちなみに、寒さでテンションさがったのでここから写真はありません(笑)

そして2号線を西に向かっておうちに帰りましたとさ。

結局、最後までウインドブレーカーを脱ぐことはありませんでした。

おわり・・・っておい!後半テキトーすぎやろ!


本日の教訓
高いところは寒い!
 上った後の防寒対策はきっちりしておきましょう


本日のルート


本日の記録(サイコン)
走行距離 53.0km
時間   2h40m38s
平均速度 19.8km/h
最高速度 59.0km/h
ケイデンス平均 70rpm
     最高 112rpm
心拍数平均 138bpm
   最高 177bpm
消費カロリー 1507kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしかったら一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

私がロードバイクに乗るようになった理由1

 最近雨多いですね。

こう雨ばかりだと全然走りに行けないので走行記事が書けませんね。

というわけで、これから自転車を始める人のために、私がロードバイクを買うに至った経緯を書いていきたいと思います。

これはあくまでも私個人の経験であり他の人の参考になるかどうかはわかりませんが・・・(汗)


 実は私、今住んでる所に引っ越してくる以前、片道約15kmの道のりをマウンテンバイクで

自転車通勤!

していたんですね。

そのころは、私にとって自転車はただの足でして、特にロードバイクとかに興味があった訳ではありませんでした。

マウンテンバイクを買ったのも当時流行っていたからで、そのころはクロスバイクなんてのは無かったと思います。

舗装路しか走らないのでロードバイクでもよかったんですが、

ロードバイクを選ばなかったのはタイヤが細くて段差等ですぐにパンクするんじゃないかなあという

今思えばある種間違ったイメージを持っていたからです。

その当時は本気で走る人しかロードバイクに乗ってる人はいなかったっていうのもあるんですけどね。

それから約10年雨の日以外はほぼ自転車で通勤しましたよ。

 そして、色々あって今住んでる所に引っ越すことになったのですが、新しいお家は激坂!の途中にあったんですね。

私はそれまで乗ってた自転車を迷わず他人にあげました(笑)

それから約3年、全く運動しない日々が続きました。

そしたらまあ太る太る。やっぱり運動しないとダメですね。

恥ずかしながら私、それまでは食っても太らない!と勘違いしてたんですね(笑)

太るだけでなく体力も無くなってきて、これはヤバイ!と思い始めました。

 何か運動をしなければ・・・

まず最初に思いついたのがジョギングです。

とりあえず走ろう!

そう思いついて、早速スポーツデポにジャージとシューズを買いに行きましたよ。

グーグルマップを見てコースを決め、いざ走りに行かん!

おニューのジャージに身を包みゆっくり走り出します。

おっ!意外と足が軽く結構走れるんじゃね?

と思い走り続けること数分・・・

すぐに息が上がってしまいました。しかも胸が痛い。

私のジョギングは約5分、距離にして1キロで終わってしまいました(笑)

でもせっかくなんで折り返し地点までは歩いて行こうと思い足を止めずに歩き続けました。

今日は初日だし、徐々に走る距離を伸ばしていけばいいや。

なんて思いながら歩いていたんですが、足が痛い!

とりあえず折り返し地点に到着したのでそこで休憩をし帰路につきました。

足が痛いのでもちろん歩いて帰ります。

でも、そこからが本当の地獄の始まりでした。

とにかく足が痛い!筋肉だけじゃなく筋や関節も痛い!

もう全然歩く気もしませんが頑張って歩いて帰りました。

もうその日から暫くの間、筋肉痛と関節痛です。

ジョギング2回目は足が痛いのが治ってからにしよう!

はい、ジョギング2回目はありませんでした(´;ω;`)

 だめだ!ジョギングは膝に悪すぎる!

水泳とかも考えましたがプールに行くのがめんどくさい。

そして導き出された答えが

そうだ!もう一度自転車に乗ってみよう!

体を鍛えるのが目的なんだから、家の前の数百メートルの激坂も頑張ってみよう!

というわけです。

こうして、私の自転車探しの旅が始まるのです!


 いやあ〜文章書くのって難しいですね。

楽しい文章が書けるブロガーさん尊敬しますわあ。

とりあえず今日はこれぐらいで終わります。

というわけで、次回は自転車選び編につづく・・・のか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

サクラサクめんたいこ求めてお花見ライド?

2015年4月1日にブログ開始宣言をした次の日

早速走ってきましたよ(笑)

というわけで、ブログ記事スタートです!


 4月1日水曜日、年度初めで今日からブログを始めようと心に決めた私のもとに

(ここでは仮に)TK氏から1通のメッセージが・・・

 「明日休みです。」

たった一言ですが、

 明後日から雨やから走りに行くぞ!(゚Д゚)ゴルァ!!
 ついでに走るコースも考えといて! 

っていうのがヒシヒシと伝わってきます。

とりあえずコースを考えます。

私は夕方から用事があるので、そのことも考慮に入れながら短めのコースを(笑)

そして考えたのが

宝塚から最近出来たテーマパークめんたいパークに行って帰ってくる!

というコースです!

ルートラボでコースを確認すると距離60km弱、獲得標高850m

まあ何とかなるでしょ(超テキトー)


 そして次の日、宝塚のカートコースでTK氏と待ち合わせです。

コースの説明をして・・・といっても目的地しか決めていない(汗)

早速出発しました。

 まずは、十万辻の坂道をサクッと登りますと言いたいところですが、私の脚力では必死のパッチです(泣)

頂上からはほぼ下りです\(^o^)/

西谷農協前までは車で走ったことがあるので飛ばしまくりです(下りだけ)

そしてここからは道路標識だけが頼りです。

ケータイで地図見ろや!って声が聞こえますが手袋とるの面倒臭いんで・・・

北摂里山街道とかいう道を有馬富士方面に向けて走ります。

すぐに左側に池が見えてきますが、ここがよく聞く千刈水源池らしい。

しばらく景色を見ながらアップダウンのある道を進んでいくと

思っていたよりも早く有馬富士公園前に到着しました。

ここからは知ってる道です。

新三田からウッディタウンを抜けて目的地まで一気に進みます!

しかも上りなのに結構スピード出てる!

オレ今日絶好調かも?

そんなことを考えながら走っていると意外と早く目的地に到着しました。

神戸の山奥に突如現れた謎のテーマパーク?めんたいパークの写真を写したら後は帰るだけです。

空になったボトルにジュースを入れて出発です。

えっ!めんたいパークの記事はないの?

ありません!

とりあえず写した写真(´・ω・`)↓
めんたいパーク

 ここからは帰り道。ここになってようやくあることに気づきます。

向かい風がキツイ!

そうです。今日は調子が良かったわけでも何でも無かったんですね。

ただの追い風だったんですね(笑)

全然スピードが出ません(´;ω;`)

向かい風の中、国道176号線を宝塚方面に向けて走ります。

そして何とか1番高いところ赤坂峠に辿り着いたので、ここからは下りのヒャッハータイム!

車と同じ速度で生瀬まで一気に駆け抜けます!

最後は十万辻のコースをカート場まで登るだけ。

ハアハア、十万辻のコースって前半のほうがキツイのね(泣)

というわけで、フラフラになりながら出発地点に戻ってきましたとさ。

おしまい


ところで、この記事何か足りませんね。

お花見ライドなのに桜の写真はおろか桜のことにも一言も触れてませんね。

桜ですか?綺麗に咲いてましたよ。

写真は・・・?

もちろんありません!(`・ω・´)

っていうかTK氏と走ってる時は写真とってる余裕ありません(´;ω;`)

写真も取らないってブロガーの風上にも置けないやつですね。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

最後にルートと記録を貼っときます。

今回走ったルート


今回の記録
20150402record


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

はじめまして

2015年4月1日
自転車に関するブログを始めることにしました。

恥ずかしながら40歳にして自転車(ロードバイク)に目覚めてしまいました。

自転車を買ってから1年以上立ちますがこれからの事や過去の事なんかを書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


というわけで、記念すべき第1回目の記事は
2015年4月1日・・・

雨ですやん (´;ω;`)

はたしてエイプリルフールのネタなのかブログは更新されるのか
つづく

調子に乗ってブログランキングも登録してしまいました
どうもすみません
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR