はじめてのビワイチ♪琵琶湖(北湖)を1周してきました!

 今日はいい天気でしたね。

実は、自転車に乗るモチベーションを上げるためにブログを始めたのですが、ブログを始めて約3ヶ月、その間、ロングライド(個人的には100km以上)は2回しかしていません。

予定では、淡路島とか淡路島とか淡路島に行きまくるはずだったんですが・・・

ロングライドが出来なかった主たる理由は、です!

今年はなぜか休みの日と雨が重なりまくり(´;ω;`)

雨が降る前に走ったり、雨がやんだ後に走ったりしてたので近所の六甲ばかりになってしまっていました。

そういえば、天気予報で雨が降ると言っていたのに降らない日もありましたね。

そして、今日6月29日、ついに休みの日と晴れの日が重なったのです!

 というわけで、久々のロングライド行ってきました。

その行き先は、関西サイクリスト3大聖地の1つ琵琶湖です。

3大聖地とかテキトーなこと言いましたが後の2つは知りません(´・ω・`)

今回は、初めてビワイチに挑戦してきました。

 今日は、初めてなので様子見という感じで琵琶湖1周ではなく琵琶湖大橋より北側の北湖のみとしました。

前日にインターネットでルートを調べたのですが・・・

ビワイチのコース、みんな走ってる所が微妙に違います。

幹線道路を走ったり、幹線道路の内側や外側、どこを走るのが正解かわかりません(>_<)

とりあえずルートラボで一番湖に近い所を走ってるコースをパクって準備完了です(笑)

 そして当日、このブログではおなじみ?のTK氏と共に、ネットで調べたスタート地点、道の駅びわ湖大橋米プラザに向かいました。

道の駅に着いてまず驚いたのが、駐車場に道の駅利用者以外の駐車を禁止しますと書いた看板!

小心者のボクはここに車を置くことに気が引けます。

結局、他にもサイクリストがいたので置いたんですけどね(´・ω・`)

ここに車を置いといていいのかどうか、ビワイチに詳しい人!どなたか教えていただけませんか?

 さて、早速準備をして走り出します。



150629ビワイチ01.JPG
琵琶湖でかっ!

まずは、琵琶湖大橋の上からこれから走る北湖を眺めます。

そして、廃墟で有名なピエリ守山の横から湖岸道路に入ります。

湖岸道路から琵琶湖を横に眺めながら走っていきます。

信号が少なく、結構いい感じで進んでいきます。



150629ビワイチ02.JPG
そして、1時間ほど走って休憩



150629ビワイチ03.JPG
水鳥を激写!(`・ω・´)

そして、さらに進みます。



150629ビワイチ04.JPG
長浜城発見!

わざわざ公園内に入っていったんですが、公園に入らなくても道路から見えました(´・ω・`)



150629ビワイチ05.JPG

150629ビワイチ06.JPG
湖北の方は景色が美しいです。



150629ビワイチ07.JPG
立ち寄ったコンビニにはサイクルラックが!

昼食のことを考えてなかったのは失敗でした(>_<)

コンビニ弁当食って出発です!



150629ビワイチ08.JPG
琵琶湖といえばここ!(`・ω・´)

っていうか、鳥居の周りをジェットでグルグル回ってるオッサンがうっとうしかった。

観光客の前で、ええ歳こいて恥ずかしくないんかなあ(´・ω・`)?

近くに来たら石ぶつけ・・・いや、なんでもありません。

そしてゴール目指して走ります。



150629ビワイチ09.JPG
ノンストップは無理でした(´;ω;`)

地図を見るとあと少しでした。

そして・・・



150629ビワイチ10.JPG
ゴーーーール!!!

ビワイチ達成しました!

あと2時間ぐらい走ったらフルイチ出来そうな感じですが・・・

きょ、今日はやめとこ(´;ω;`)

 今回、初めて琵琶湖を走ったわけですが、景色が綺麗で交通量の少ない道を多く走れたので大変良かったと思います。

交通量の少ない道を走るために脇道に入っていったりするのですが、曲がる場所がわかりにくかったです。

何回か道を間違えましたし、何度も止まって地図を確認しました。

道を覚えるほどしょっちゅうは来れないのでナビが必要なのかなあ?

幹線道路を走り続ければ地図を見なくても行けるんですが、それは楽しく無さそうです。

それと、食事をする場所をもうちょっと調べておけばよかったなあと思いました。

せっかく、遠くに来て外で飯を食うならそこでしか食えない飯を食べたいですしね。

ところで、滋賀県の名物って何(´・ω・`)?

 まあ、なにわともあれ、ビワイチ思ったより楽しかったのでまた行きたいと思います。

今度はフルイチかな。


 本日(6月29日)の記録(サイコン)
 走行距離 148.7km
 走行時間 5h19m24s
 平均速度 27.9km/h
 最高速度 46.3km/h
 ケイデンス平均 87rpm
      最高 109rpm
 心拍数平均 146bpm
    最高 176bpm
 消費カロリー 3348kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自転車で夜景を見に行かないかい?神戸六甲1000万ドルの夜景編!

 この記事は6月19日の出来事を書いたものです。

前回からの続きです。

 続きを書く前にこの日の朝にさかのぼります。

この日は前日から雨が降り続いていました。

当然自転車にも乗れないので、朝から先日購入したバーテープを巻いていました。



150619夜景01.JPG
これが



150619夜景02.JPG
こうなりました!

新しいバーテープに、新兵器、BONTRAGER Ion700 RTとTransmitr Remote!

なかなかいい感じです( ^ω^)

 そして、お昼に自転車屋さんに行き・・・



150619夜景03.JPG
じゃーん!
ついに煙突をカット!

コラムをカットして新しいバーテープにリモコンライト装備!



150619夜景04.JPG
新しいテールランプBONTRAGER Flare RTも手元のスイッチで点灯します。

こうなったらもう暗い所に走りに行きたくて仕方ありません(≧∇≦)

 本来ならもうすぐ日が沈むので、わざわざ出かけたりはしませんが、夕方からは雨は降らないという天気予報を信じて走りに出たわけです。

そして、前回の表六甲ガイドの記事に至るわけです。

表六甲は通るついでに写真撮っただけで、実はここからが本番です!


 というわけで、ここから前回の続きです。

無事六甲山の山頂へ到達した後は来た道を戻ります。



20150619表六甲30.JPG
丁字ヶ辻付近で少し雨が降り出してきましたが、天気予報を信じてこのまま先に進みます。



150619夜景06.JPG
六甲山牧場に到着です。

もちろん向かうのは1000万ドルの夜景で有名な摩耶山は掬星台です。

前回寒さに負けて帰ったあの場所です。

はたして、今日は夜景を見ることが出来るのでしょうか?



150619夜景07.JPG
ここを右に入って行くと



150619夜景08.JPG
摩耶ロープウェイ星の駅があります。

ここの前が夜景で有名な場所掬星台です。



150619夜景09.JPG
雨が少し強くなってきたので少し休憩です。



150619夜景11.JPG
まだ明るいですが、早速新しいライトで遊びます(笑)

スイッチオン!(`・ω・´)



150619夜景12.JPG
ぴっかー!



150619夜景13.JPG
まぶし~!(≧∇≦)



150619夜景14.JPG
後ろもまぶし~!(≧∇≦)



150619夜景15.JPG
外は雨も上がりましたが、まだ明るいので、紫陽花の観察

個人的には青い紫陽花が好きです。



150619夜景16.JPG
薄暗くなってきて徐々に街の明かりに火が灯り出します。



150619夜景17.JPG
近道発見!(`・ω・´) 
私の家は、まさにこの標識の方向にあります。



150619夜景18.JPG
きょ、今日はやめとこ(´;ω;`) 

そして・・・



150619夜景19.JPG
ついにやりました!\(^o^)/
1000万ドルの夜景です!

携帯で写したのでしょぼいですが実際はすごく綺麗です。

自転車でここまで上ってきたという事実が、より一層感動させてくれると思います。



150619夜景23.JPG
もう一台の携帯でも撮影(笑)
夜景に関してはこっちの方が綺麗?



150619夜景20.JPG
せっかくなので自転車も一緒に

この頃からまた雨が降り出しました。
写真の白いスジは雨です。



150619夜景21.JPG
雨と霧で視界も悪いです。

っていうか寒いです!

早く帰りたいよ〜(´;ω;`)



150619夜景22.JPG
誰もいない山道を1人で走ります。

ここから写真を撮る余裕もありません(笑)

冷たいよ〜
寒いよ〜
ブレーキ効かないよ〜
怖いよ〜

 この後、新しいライトと今まで使用していたライトの比較テストや、坂道が嫌いな人のため?に低いところから見える夜景の撮影を予定していましたが、雨のため全て中止です(´;ω;`)

ひとりで泣きながら表六甲を下っていきましたとさ(笑)

 最後に一言だけ言わせてください。

天気予報のあほー!

おわり

 本日(6月19日)の記録(サイコン)
 走行距離 43.2km
 走行時間 2h37m00s
 平均速度 16.5km/h
 最高速度 63.3km/h
 ケイデンス平均 64rpm
      最高 98rpm
 心拍数平均 126bpm
    最高 178bpm
 消費カロリー 1590kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド?表六甲ドライブウェイ編!

 最近、私のブログを見て六甲山ヒルクライムに挑戦される方がおられるという情報をキャッチしました。

当ブログは、私の日記帳的な感じで始めたのですが、ブログを書くからには他人に見てもらいたい!認められたい!という思いもありまして、ブログ村にエントリーしているわけです。

そして、私のブログを見てくれている人がいる!ということが分かったので、その人たちの期待に少しでも応えなければいけません!

というわけで、今回は名付けて「初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド表六甲編!」をお送りしたいと思います。

 六甲山山頂へ表六甲から上るルートを写真を交えて説明していきたいと思います。

今回のルートはこちら

「六甲登山口」交差点から「六甲山山頂」までのコースです。

ルートラボによると
 距離 14.4km
 最大標高差 853m
 上り平均斜度 8.4%
 獲得標高 911m
となっています。

六甲山の標高は931mです。
「六甲山は臭い!ろっこうさんはくさい」とおぼえましょう(´・ω・`)

 さて、表六甲のスタート地点は当ブログでもおなじみ(笑)のこちら!



20150619表六甲01.JPG
「新六甲大橋下」交差点です。

なぜここがスタート地点なのかというと、表六甲ドライブウェイがここから始まるからです。

「六甲登山口」交差点がスタートじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、実は今日、午前中から雨が降っていて夕方から上りだしたら、通学時間に重なってしまいまして、女子大生がいっぱいいたので余裕で上ってるフリして華麗にスルーしてしまいました(笑)

よって、この前半部分の写真はありません!

はい!スミマセンでしたm(_ _)m

実際、六甲登山口から、いや下の阪急六甲駅前付近からヒルクライムは始まっています。

そして、六甲登山口から新六甲大橋下までが一番きついです!

 これから六甲山に挑戦するあなたが、新六甲大橋下までたどり着けたら、六甲山頂へたどり着けるのも時間の問題でしょう。

たぶん・・・(´・ω・`)


新六甲大橋下交差点で、ゆっくり呼吸を整えてから再スタートしましょう。

 ちなみに、私は六甲山に初めて挑戦してから山頂に到達するまでに半年近くかかりました。

その間、何度この交差点や下の六甲ケーブル下駅で引き返したことでしょうか(笑)

だから、これから挑戦する皆さんも諦めずにがんばってくださいね。

 いよいよ「表六甲ドライブウェイ」に入ります。



20150619表六甲02.JPG
表六甲といえばこの標識
通称「地獄のカウントダウン」

カーブにナンバーが打ってあって、下から進んでいくごとに数が減っていきます。

表六甲を抜けるにはあと50個のカーブを越えなければいけません。

残りの数を見て、まだいっぱいある!と思うかあと少し!と思うかはあなた次第です(´・ω・`)



20150619表六甲03.JPG
こんな感じの道をひたすら上がっていきます。
勾配がエライことになっていますが、決して携帯を傾けてるわけではありません。

写真のように傾斜のきついヘアピンコーナーが多いですが、コーナーの外側は傾斜が緩いので、脚力に自信がない人は出来るだけ大回りしましょう。

左コーナーも、車に気をつけて少し大回りした方がいいでしょう。

少し走ると、六甲有料道路と合流できる場所が出てきます。



20150619表六甲04.JPG
この看板が目印です。

新六甲大橋下交差点の次はここを目標にしてみたらいいと思います。

写真の右の方に標識が写っていますが、この地点で、海抜444mです。
残り487mですね( ^ω^)



20150619表六甲05.JPG
紫陽花と上ってきた道と

六甲あじさいロードというだけのことはあって、この時期は紫陽花が綺麗です。


20150619表六甲06.JPG
 トンネルを越えると後半戦スタートです!

後半戦と言ってもまだ10km以上あるんですけどね(´・ω・`)



20150619表六甲07.JPG
この辺りから徐々に左側の景色が開けてきます。
下にはさっき通ってきた道が見えています。

必死に前だけを見るのではなく、景色を楽しみながら走る余裕も欲しいところです。



20150619表六甲08.JPG
 新六甲大橋下をスタートして2km走ると小さな橋が見えてきます。

ここが表六甲唯一の下り区間です。
踏んで踏んで踏みまくるんだ!(`・ω・´)

100mも無いんですけどね(´・ω・`)

下り区間を一気に駆け抜け、少し進むと・・・



20150619表六甲09.JPG
一つ目の工事区間です。

去年の8月の台風による災害の復旧工事です。

「お仕事ご苦労さまです!」(`・ω・´)ゞ

「いつまで工事してんねん!」なんて口が裂けても言えませんが(笑)

この工事区間ですが、距離は短いのでダンシングで一気に駆け抜けましょう!

脚力に自信がない人は、青信号でもそのまま突っ込まずに、一度止まって、次の青信号に変わるまでゆっくり待ちましょう。
青信号に変わっても、直ぐにスタートせずに先に車を行かせてからゆっくり上がれば大丈夫です。

たぶん・・・(´・ω・`)



20150619表六甲10.JPG
まだまだきついヘアピンコーナーが続きます。



20150619表六甲11.JPG
そして2つ目の工事区間
ここも1つ目同様、焦らずにゆっくり進みましょう。

2つ目の工事区間を過ぎて少し進むと突如左側に駐車場が現れます。



20150619表六甲12.JPG
鉢巻展望台です。
曇っていて少し見通しが悪いのが残念です。

展望台の入口は左ヘアピンコーナーの出口辺りにありますので、しっかり案内標識を見て通り過ぎないようにしましょう。

鉢巻展望台を過ぎると表六甲ドライブウェイのゴールまであと少しです。



20150619表六甲13.JPG
通称「地獄の第6コーナー」



20150619表六甲14.JPG
こんな感じで下から上ってきて



20150619表六甲15.JPG
こんな感じの道を上っていきます。
ここから勾配がきつくなります。
表六甲最後の戦いが始まります。

残りのカーブは6つです。
頑張っていきましょう!



20150619表六甲16.JPG
そしてこの標識が見えてくるとゴールはもうすぐです!



20150619表六甲17.JPG
表六甲ドライブウェイのゴール地点「丁字ヶ辻」交差点です。

表六甲のゴール地点はここですが、実は六甲山頂までの道のりはまだ半分ぐらいです。



20150619表六甲18.JPG
ここまでで海抜762mまで上ってきました。
残り169mです。

残り約170mを約7kmかけて上る訳ですから、ここまで来たら後はもう余裕?です。



20150619表六甲19.JPG
丁字ヶ辻から1kmほど進むと、信号のある交差点が現れます。

「記念碑台前」と呼ばれているところです。

六甲山山頂へは直進です。

少し遠くなりますが右に行っても行けます。
いきなり下っているので、心と体に余裕がある人だけ右側を選びましょう。

左はこのブログではおなじみ?の裏六甲ドライブウェイです。



20150619表六甲20.JPG
六甲オルゴールミュージアムの坂を上り、六甲高山植物園の前まで来ると、先程別れた道と合流します。
写真は高山植物園駐車場から下に向かって写したものです。

さらに進みます。



20150619表六甲21.JPG
六甲山カンツリーハウス前です。
ここまで来るともうきつい登りはありません。
正面に見えるアンテナが高い所に来たことを実感させてくれます。



20150619表六甲22.JPG
ゴール地点手前の絶景ポイント



20150619表六甲23.JPG
カーブNo.104が目印です。
絶景ポイントはガードレールの向こう側ですので、下から上ってきた場合この標識の少し手前からガードレールの外側の道に入っていく事になります。



20150619表六甲24.JPG
そしてここが六甲山頂を目指す人のゴール地点!
「一軒茶屋」です。

お昼ごろに来ると登山客で結構にぎわっています。

しかし!六甲山山頂はまだ先です!



20150619表六甲25.JPG
一軒茶屋の道路を隔てて反対側に、最後のヒルクライムが待ち受けています。

先に言っておきます。

脚力に自信のない人や、登山客が多い時は、素直に自転車を押して上がりましょう



20150619表六甲26.JPG
最後の戦いを終えるとアンテナが見えてきます。



20150619表六甲27.JPG
アンテナ横の階段?を上ります。

まだ自転車で上りたい人は階段の左側を上ります。
パンクのリスクが大きいので自己責任でお願いします。

そして・・・



20150619表六甲28.JPG
六甲山山頂です!
ブログとかでよく見るやつです!

お疲れ様でした。



20150619表六甲29.JPG
山頂付近からの景色です。
最後のヒルクライムのカーブのところにある東屋付近からの景色です。


ゆっくり休憩して安全にダウンヒルを楽しみましょう!

この時、汗冷え等しないよう注意しましょう。

六甲山は低いですが、いちおう山です。
下の街と気温差がありますので、ウインドブレーカーなどを用意しておいたほうがよいでしょう。
真夏は無くても大丈夫ですが・・・

以上、「初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド表六甲編!」でした。


 いかがでしたか?
これから六甲山に行ってみたい人たちの参考になりましたか?
個人的には、天気が悪かったので写真の景色がイマイチですが、また機会があれば写真を撮り直して書き直したいと思います。
次回は、東六甲編ですかね?
淡路島編なんかも書いてみたいと思っています。



20150619表六甲30.JPG
表六甲ガイドは終わりですが、
今日のライドはまだ続きます・・・(´・ω・`)

つづきはこちら

こちらもどうぞ( ^ω^)
関連記事
初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド第2弾!再度山ルート編!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

バーテープを買いに行ってきたのですがいらないものまで買ってしまいました

 最近になってからのことです。

私は今まで平地をメインに走っていまして、ほとんどブラケットしか握ったことがありませんでした。

風が強い時など姿勢をより低くしたいときに、たまに下ハンドルを握るぐらいでした。

思い立つことがあり、今年になってから六甲山を上るようになりました。

ヒルクライムをやり始めて、ようやく上ハンドルを握ることを覚えました。

買ってからほとんど握られたことのない上ハンドルのバーテープも油断していたのでしょうか?

にぎにぎしてるうちに徐々にバーテープが緩んできてしまいました(笑)

テープを引っ張って元の状態にしてから乗っていたのですが、段々緩んでくる量も多くなってきたのでバーテープを買い換えることにしました。

 どうせ変えるなら気分転換に色も変えようと思い、店に行く前にPROJECT ONEで似合う色を探しました。



TrekBicycle2.png
こんな色や



TrekBicycle.png
こんな色・・・

PROJECT ONE楽しいなあ〜

えっ!PROJECT ONEの使い方間違ってるって(´・ω・`)?


 実際にお店で選んだのは・・・



バーテープ白.JPG
無難な白でした(´・ω・`)

 そして、購入するテープを決め、店内を物色している時に見つけてしまいました。

まあ、とりあえずこの動画を見てください。


そうです!これが店に置いてあったのです。



Transmitr Remote.jpg
BONTRAGER Transmitr Remote ¥8,500-(税込)
ライトをコントロールするリモコンユニットです。



Ion700RT.jpg
BONTRAGER Ion700 RT ¥17,900-(税込)
700ルーメンで結構明るいです。
明るさや点灯点滅を手元のリモコンで操作出来ます。



FlareRT.jpg
BONTRAGER Flare RT ¥9,900-(税込)
こちらのテールランプも明るいです。
2km先からでも視認できるらしいです。
これを左右につけるとリモコン操作でウィンカーとしての使用も出来るらしいです。

箱に入ったこの商品を眺めていたら店員さんが寄ってきて

「よかったら、説明しますよ。」

と・・・

そして、実際に取り付けてある自転車のところへ連れて行かれて、使い方など色々説明を受けます。

手元にあるボタンで前後のライトを操作します。

個別に操作したり、一つのボタンで一気に操作したり、

ライトもめちゃくちゃ明るい!

「うおーっ!欲しいーつ!」

そして・・・


買ってしまいました(´・ω・`)


バーテープと合わせて¥39,200-\(^o^)/

せっかくなので、後日使用レポートなども書きたいと思います。

乞うご期待!


 ところで、買ってから気づいたんですが、

そういえばオレ、夜は自転車乗らんかったわ(´・ω・`)

 はたして、このライトセット、冬までに出番はあるのでしょうか?

つづく・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

シロウトによるシロウトのためのタイヤインプレッション!BRIDGESTONE EXTENZA R1X

 先日購入したニュータイヤBRIDGESTONE EXTENZA R1X(以下R1X)

タイヤ150614.JPG

早速交換して走ってきたのでインプレッション記事を書こうと思います。

始めに言っておきますが、私は自転車の経験も浅く、何の実績もないただのシロウトのおっさんです。

そんなシロウトのおっさんがインプレ記事を書くなんて少々生意気ですが、まあ生温かく見守ってやってください。

なんだシロウトのおっさんの戯れ言か(´・ω・`)
と思われた方はこちらから他の方々の素晴らしいブログを読んでください。
 ↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


 というわけで、本題に入ります。

今回購入したR1X、これだけではピンと来ないので今まで使用していたタイヤContinental GRAND PRIX4000S2(以下4000S2)と比較していきたいと思います。




使用した機材は
 自転車 2013 TREK MADONE5.2
 ホイール SHIMANO WH9000-C35-CL
 チューブ Panaracer R’AIR

と、機材まで書いてしまいましたが、要はタイヤ以外は全て同じ条件ですよ!って言いたかっただけです。





タイヤを交換して、早速走りに行きます。

走りに行ったのは、もちろん・・・



R1X150615.JPG
六甲山、いつもの場所です。

いつもの場所のほうが違いが分かるもんね(笑)

 まず、漕ぎ始めですが、タイヤが転がり出すまでが4000S2と比べて若干重く感じました。

走りだしてしまえば全く気にならないのですが、何となく重いんです。

停止状態から走り出す時の最初の一漕ぎは重く感じるんですが、走行中に加速するために踏み込んだときは全然気になりませんでした。

おそらく、タイヤのグリップ力の違いによるものと思われます。

グリップ力に関しては後で書きますがR1Xの方が高いです。

 そして、気になる乗り心地の方はというと、もう全然違います。

これは、誰が乗っても違いがわかると思います。

乗り心地は圧倒的にR1Xの方がいいです。

どれぐらい違うかというと、昨日まで走ってた道に薄いゴムシートを1枚敷いて、その上を走ってるぐらい違います。

荒れた路面から伝わってくる振動がかなり柔らかくなります。

これはロングライドとかで振動による疲労が蓄積されるような場面で楽になると思います。

 六甲山といえばヒルクライム!

ヒルクライムといえば軽さが物を言います!

カタログ値によると4000S2が205g、R1Xが180g!これは期待が持てます。

で、実際に上ってみてどうかというと・・・

私には25g×2本の違いがわかりませんでした\(^o^)/

もう、なんか漕ぎ出しが重い!とかグリップが違う!とか生意気なこと言ってスミマセンって感じです(笑)

でも、これでヒルクライムのタイムが上ってたら私の感性は全く当てにならないんでしょうが、残念ながら?この日はタイムは更新出来ませんでした(´・ω・`)

というわけで、開き直って続きを(笑)

 ヒルクライム中にもう一つ気になった点があります。

それは、ダンシングで自転車を振りにくくなったことです。

自転車を左右に傾ける度に、路面から抵抗を感じるんです。

結果、今までよりもダンシングがしづらくなったというわけなんですが、タイヤを変えてダンシングに影響が出たなんて話は聞いたことがありません。

これは、私のダンシングの仕方が悪いのでしょうか?

私のフォームとか上級者の方に見てもらいたいところです。

 坂を上り切った先には下りがある!

ダウンヒルではどうでしょうか?

コーナーリングですが、グリップ力の違いによる安心感からか、自然とバイクの傾きも大きくなり、いつもより高い旋回スピードで走り抜けることが出来ます。

バイクを傾けても安定していて全然怖くないのでコーナーを気持ち良くクリアしていけます。

はっきり言って、いつもよりダウンヒル、いやコーナーを駆け抜けることが楽しい!と思ってしまいました。

コーナーリング性能はR1Xのほうが優れていると思います。

というわけでまとめてみると

(私の主観だけによる)性能比較
 グリップ力  R1X>4000S2
 乗り心地  R1X>4000S2
 転がり抵抗の少なさ 4000S2>R1X
 重量(軽さ)  R1X>4000S2
 耐パンク性能 不明
 耐久性(寿命) 不明

こんな感じですかね。

耐久性、耐パンク性能に関しては、まだ50kmほどしか走ってませんので何とも言えませんが、4000S2の方がゴムが分厚くて硬いので優れてると思われます。

実際、約5000kmぐらい使用しましたがノートラブルでしたしね。

 今回購入したEXTENZA R1X、乗り心地が良くてグリップが高い良いタイヤです。

個人的には満足しています。

R1XよりもグリップするハイグリップモデルのR1G、より軽くより転がる軽量モデルのR1Sの性能も気になるところです。


 以上、BRIDGESTONE EXTENZA R1X タイヤインプレッションでした。



最後にもう一度言っておきます。

私は自転車に関してはただのシロウトのおっさんです。


 本日(6月15日)の記録(サイコン)
 走行距離 50.5km
 走行時間 3h17m23s
 平均速度 15.3km/h
 最高速度 75.3km/h
 ケイデンス平均 61rpm
      最高 130rpm
 心拍数平均 144bpm
    最高 181bpm
 消費カロリー 2141kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

タイヤとチェーンを買いました!BRIDGESTONE EXTENZA R1XとSHIMANO CN-7901

 約1年と半年乗った私の愛車2013TREK MADONE5.2

そろそろタイヤとチェーンが古くなってきたので新しいものを買ってきました。

チェーンは買ってからそのままですが現在使用中のタイヤは3本目です。

わずか1年半で3本!という華麗なるタイヤの使用遍歴はまた後日ということで(笑)

ちなみに途中でサイコンにアクシデントがあったので走行距離はわかりません(笑)



タイヤ150614.JPG

チェーン150614.JPG
今回、新しく入手したのがこちら!

タイヤはBRIDGESTONE EXTENZA R1X
チェーンはSHIMANO DURA-ACE CN-7901です。

 タイヤはContinental GRAND PRIX4000S2からの買い替えです。




良いタイヤだったのですが、違うタイヤの感じが知りたかったので敢えて違うタイヤにしました。

しかも、まだ新しくてインプレッション記事が少ないEXTENZA R1シリーズを選びました。

いわゆる人柱ってやつです。

EXTENZA R1シリーズですが、ハイグリップモデルのR1G、軽量モデルのR1S、オールラウンドモデルのR1Xの3種類がラインナップされています。

個人的には最も軽くて転がり抵抗が少ないR1Sが欲しかったのですが、耐パンクベルトが入っていないのでオールラウンドモデルのR1Xにしました。

け、け、決してこれだけが安いからではありません・・・(汗)






 チェーンはDURA-ACEの10速チェーンです。

私は、大体の物はお店で買うのですが、聞くところによるとこのチェーンはもう入ってこないとのこと。

というわけで、インターネットで入手しました。




105チェーンからのグレードアップです!

っていうか、
おい!TREK!コンポULTEGRAって書いてあるのに、チェーンとスプロケは105なのかよ!


 新しいタイヤとチェーン早く試したいなあ。

気になるインプレッションは後日!

に書く予定・・・(´・ω・`)?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

新しいコースを開拓するぞ!雨上がりの神戸市内探索ポタリング?

 昨日から降り続いている雨も、昼前には上がり午後からは雨は降らないようです。

これは走りに行くしかねえ!

そう思い、早速準備です。

もちろん行き先は決めていません(´・ω・`)

昨日はトレーニングしたし、今日は近所をゆる〜く走ろう!

何ならついでに新しい場所を開拓しようではないか。

そして・・・



新六甲大橋下150609.JPG
えっ(´・ω・`)?
昨日もここに来たような・・・

車が多いところは走りたくないなあなんて考えてたら、ここしか思い浮かびませんでした。

でも、今日は違います!

トレーニングではなくポタリングです!

ゆっくりまったり走るのです。

タイムもケイデンスも気にしなくていいのです。

自分にそう言い聞かせて進むのでした。

でも、出発していきなり大きな過ちに気づいてしまいました。

坂道はゆっくりまったり走ろうとすると、前に進めません(´;ω;`)

結局いつもと同じようにハアハアしながら表六甲を上るのでした。



丁字ヶ辻150609.JPG
表六甲ゴール地点にある標識を見ながらどこへ行こうか考えます。

そしてとりあえず山頂へ向かいます。



記念碑台前150609.JPG
今日は、いつもと違うケーブル山上駅方面から山頂を目指します。

せっかく上ってきたのにいきなりの下りで心が折れそうになります。

途中でいつもの道と合流して



六甲山頂150609.JPG
六甲山頂到着です。

ここで景色を眺めながら、ゆっくりまったりしたかったのですが



六甲山頂景色150609.JPG
・・・(´・ω・`)
何も見えないし、何よりも蚊がいっぱいいてかゆい(泣)

というわけで、さっさと切り上げます。

そして次に向かったのは



六甲山牧場150609.JPG
サイクリングといえば牧場!
牧場でソフトクリームだろ!


しまってました(´・ω・`)

霧のため外から牧場の様子も見れません・・・

ソフトクリームをあきらめ次に向かったのは



森林植物園150609.JPG
森林植物園です。

ここは最初から通過するだけ(笑)

とりあえず西六甲の端まで行ってみよう!



小部峠150609.JPG
というわけでここでUターンです。

来た道を戻ります。

っていうか、ずっと上りです(´;ω;`)

そして、最後に向かったのは



掬星台150609.JPG
1000万ドルの夜景でおなじみの掬星台です。



掬星台1150609.JPG
ちょっと早く来すぎたな(´・ω・`)



コーラ150609.JPG
とりあえずコーラでも飲んで時間潰そうかな。

5分後・・・

さ、寒い(´;ω;`)

汗で濡れた体は冷えまくりです。

今日は視界が悪いし、1000万ドルの夜景も120万ドル分ぐらいしか見えないんじゃね?

そう言い聞かせて帰ることにしました。



掬星台2150609.JPG
ちょっと視界が開けてきたかな?

でも寒いので帰ります(笑)

以上、神戸市内探索ポタリングでした。

ポタリングのはずなのにトレーニングと同じぐらい疲れた(´・ω・`)


 本日の記録(サイコン)
 走行距離 61.0km
 走行時間 3h33m49s
 平均速度 17.1km/h
 最高速度 69.9km/h
 ケイデンス平均 61rpm
      最高 102rpm
 心拍数平均 138bpm
    最高 179bpm
 消費カロリー 2396kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

助けて!ドラえも〜ん!六甲山で足がつりました(´;ω;`)

 今日は天気予報では雨ですが、午前中は持ちこたえそうなので走りに行ってきました。

本当は一日かけてロングライドしたかったのですが、午前中で帰ってこれる近所で我慢です。

というわけで・・・



新六甲大橋下150608.JPG
またここにやって来ました(´・ω・`)

そうです。いつものアレです。

このブログを見るのが初めてで、いつものアレがわからない人はこちらを参照してください。
  ↓
 はじめてのヒルクライム練習!
 ゴールデンウィーク明けのヒルクライム練習!
 今日もあきずに六甲山ヒルクライム練習!
 2015年5月21日登れる漢を目指して!?六甲山ヒルクライム練習!
 機械の体を求めて!?六甲山ヒルクライム練習リベンジ編


 ゴールデンウィークを過ぎてから、何だか調子が上がらない私。

今日も、ゆるゆると表六甲を上っていきます。

表六甲のタイムは5月から停滞中です(´;ω;`)

そして、今日も裏六甲4本行きます!

 1本目!

回せる漢を目指してのインナーロー縛りです。

インナーローでシッティングで走ってると腰が痛くなってくるんですけど、フォームが崩れてるんですかねえ?

腰が痛くなるからこれが一番つらい・・・

 2本目!

シフトチェンジを繰り返しながら上っていきます。

今日もこのセッションが一番早いと思ったんですが、1本目のインナーロー縛りが一番早かった・・・

もしかして、回せる漢に近づいてきてる?

 3本目!

重いギアを踏める男を目指してのアウター縛り!

前回の練習では一瞬でくじけたアレです。

でも今日は、何となく行ける気がしたので自分なりに頑張ってみました!

そしてついに、アウター縛りで上りきりました!

「うおおおおおおお!やったぞおおおおお!」

と(心の中で)叫びました。

今日一番感動した瞬間です!

 4本目!

アウター縛りで裏六甲をクリアした私は気を良くして4本目に突入したのでした。

「今日オレイケてるかも?」

そう思いながら、進んでいる時に悲劇は起きました。

スタートしてから、およそ100メートルで私の左足のハム太郎が悲鳴をあげました!

そうです。足がつったのです。

そして、ここで無念の足付き・・・

私「助けて〜!ドラえも〜ん!足がつって痛いよう〜」(´;ω;`)

私「ゴソゴソ・・・」



コムレケア150608.JPG
私「コムレケア!」

私「これを飲むと、こむらがえり、筋肉のけいれんに伴う痛みがやわらぐんだ。」

私「ゴクゴク」
 「ん! なおった!」
 「ありがとう!ドラえもん!」

などと、1人で遊んでからの再スタートです(笑)

ちなみに、このコムレケアですが、結構効きます。
足がつりやすくて困っている人はぜひお試しください。

それと、私は「小林製薬」の回し者ではありません。
「Amazon」の回し者です(´・ω・`)


足をかばうために軽いギアでクルクル回して進みます。

1キロほど進むと、1人のローディーが下ってきました。

裏六甲入口でUターンしてきて追いぬかれたらカッコ悪いな(´・ω・`)

そう思うと少しペースが上ったような気がしました。

そして、4本目を終え・・・



コーラ150608.JPG
いつものようにコーラを飲んでいると、

さっきすれ違ったローディーが上がってきました。

「は、早過ぎるやろ!」

思わず心の中でそう叫んでしまいました。

まだまだ修行が足りないようです(´;ω;`)

彼は「こんにちは~」と言いながら宝塚方面に走り去って行きました。

PINARELLO DOGMA カッコイイなあ(´;ω;`)



神戸150608.JPG
そして、雨が降る前におうちに帰ったのでした。

おわり

 本日の記録(サイコン)
 走行距離 51.0km
 走行時間 3h09m55s
 平均速度 16.1km/h
 最高速度 74.7km/h
 ケイデンス平均 59rpm
      最高 126rpm
 心拍数平均 146bpm
    最高 181bpm
 消費カロリー 2517kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

機械の体を求めて!?六甲山ヒルクライム練習リベンジ編

 先週、六甲山に練習に行って見事に玉砕した私。

今日(2015年6月2日)はリベンジしに行ってきました。

先週の様子はこちら


 朝起きて、空を見上げると六甲山の方が暗い。

正直、今日はやめておこうかな(弱っ!)と思いましたが、先週のこともあるので六甲山に上ることにしました。

曇っていて先週よりは涼しい気がしました。

しかし、湿度が高く汗が滝のように流れました。



六甲150602.JPG
そして、いつもの場所です。

今日は先週より少し抑えて走ったので、休憩はこの信号待ちの間だけです。

表六甲から本気を出そう!と思ったのですがイマイチペースが上りません(´;ω;`)

表六甲を上り終えると、いつもの裏六甲に突入です。

 今日も4本行きます!

1本目は、回せる漢を目指してインナーロー縛りです。

そして2本目は、積極的にシフトアップして踏んでいきます!

感覚的には2本目のほうが早く上れたかな?と思ったんですが、1本目のほうが3秒ほど早かったようです。

3本目はアウター縛りで上ってみようかなと思ったんですが・・・

一瞬でくじけました(´;ω;`)

そして、ラストはいつものようにグダグダです。


 4本目を上りながらこんなことを考えていました。

私の家は地形上、北側に出かけたら大回りしない限り、必ず六甲を通って帰らなければいけません。

ロングライドの後の疲れきった体で最後のヒルクライムをするイメージで4本目に挑んでるんですけど、どうもしっくりきません。

足が回らないんで、全然心拍が上りません。

心拍が上がらないんで、全然苦しくありません。

苦しくないから頑張ろうと思っても、足が回りません。

以下ループ

これって、練習になってるのかなあ?

何となく不完全燃焼ぎみに4本目を終え・・・



コーラ150602.JPG
本日のコーラ

あっ!そうそう

今日こんな車が走ってました!



銀河鉄道999.JPG
GALAXY EXPRESS 999
これ見た瞬間から脳内のBGMはゴダイゴです(笑)


 本日の記録(サイコン)
 走行距離 50.0km
 走行時間 3h12m10s
 平均速度 15.6km/h
 最高速度 71.5km/h
 ケイデンス平均 60rpm
      最高 123rpm
 心拍数平均 140bpm
    最高 178bpm
 消費カロリー 2240kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

自転車はもうあきた?私がロードバイクに乗るようになった理由5心境の変化編

 今日、仕事で車を運転している横を1台のロードバイクが走ってました。

その様子から、おそらく彼はロードを始めたばかりで、どこかを走ってきて、ケツが痛くなってきて立ち漕ぎをしながら家に帰る途中なのでしょう。

彼は色白で、メガネをかけていて少しぽっちゃりしています。年齢は10代後半で高校生か大学生ぐらいでしょうか?

彼は今まで運動経験がなく、所属するクラブは写真部か映画研究同好会で、学校でも女子とは喋ったことがなくアニメの会話しかしたことがありません。

でも、そんな彼も、男の子です。

やっぱり運動して痩せて女の子にモテたい!

キモオタの殻を打ち破りたい!

そう思ってアルバイトでお金をコツコツためてロードバイクを手に入れたのでしょう・・・

 などと勝手な・・・っていうかかなり失礼な妄想(スミマセン)をしながら、私の車の横を一生懸命走っている少年を応援するのでした。

そして、書きかけの記事があるのを思い出すのでした。


 というわけで、自分が自転車に乗り始めた頃のことを思い出しながら、テキトーに書いていきます。

私が自転車に乗り出すまでの経緯はこちら

 私がロードバイクに乗るようになった理由1
 私がロードバイクに乗るようになった理由2自転車選び編
 私がロードバイクに乗るようになった理由3納車編
 私がロードバイクに乗るようになった理由4自転車に乗り始めた頃のこと

続きです。

 同じ所ばかり走るのにあきてしまった私ですが、50キロぐらいは走れるようになっていたので、とりあえず何処かへ行ってみようと考えました。

私は神戸市に住んでいます。

南側は海に面し、すぐ北側には六甲山があります。

今でこそ、六甲山を上るという選択肢がありますが、当時は六甲山を自転車で上る!なんて行為は変態にしか無理!と考えていました。

というわけで、東西に走るしか選択肢はありませんでした。

東は都会で交通量が多く美しい景色も期待できないので、西に向かって走ることにしました。

往復50キロぐらいでわかりやすい場所を・・・

そしてグーグルマップを見ながら決めたのが、明石海峡大橋です。

 そのころ、他の場所へ行きたいと思うと同時に、走るからには速くなりたい!そう考え始めていました。

そして、走り方や練習方法など色々調べました。

自分なりに調べて、実践してみて一番効果的だったのは、

ケイデンス90以上で走る!

ことでした。

ちなみにケイデンスとは、1分あたりのペダルの回転数のことです。
車でいうところのエンジンの回転数、タコメーターの指し示す数字です。
単位も車と同じrpmです。

練習方法は簡単、スピードを気にせずケイデンス90以上をキープして走り続けることです。

 常にケイデンス90以上で走ることを目標に明石海峡大橋目指して出発します。

このころはまだ、ケイデンス90で走るのはキツかったのを覚えています。

時速30キロぐらいで、結構いいペースで走れてるなあ〜と思っても、サイコンを見るとケイデンスは70ぐらいでした。

ケイデンスを90以上を維持することが目標ですからそのまま頑張ってペダルを回します。

スピードは上がりますが、一瞬だけしか持ちません。

ケイデンスを維持するためにシフトダウンしていきます。

ガチャッ、ガチャッ、ガチャッ・・・

どうやら私がケイデンス90を維持できるスピードは時速23キロのようです(´;ω;`)

しかも、結構キツイ・・・

当時は、ペダルをクルクル回してるのに遅いんで、何だか恥ずかしかったな。

ただ、ひたすらペダルを回し続けます。

 普段、車でしか走ったことがない道でも、自転車に乗って走ってると色々なことに気づきます。

「おっ!こんな所にうまそうな飯屋さんが!」

とか

「おっ!こんな所にうまそうなラーメン屋さんが!」

とか

「おっ!こんな所にうまそうなお好み焼き屋さんが!」

とか・・・食い物屋ばかりでスミマセンm(_ _)m

車では気が付かなかった新しい発見がたくさんあります。

そして、須磨を過ぎると海が見えてきます。

海が見えてくると、なぜかテンションが上りますね。

車に乗っていても、電車に乗っていてもテンションが上るんですが、自転車が一番海を体で感じることが出来ます。

「うおおおおおおおーっ!」

海が見えるこの短い区間だけペースが上ります(笑)

そして・・・



明石海峡大橋2011
感動のゴール!
写真は当時(2011年ごろ)所有していたガラケーで写したものです。


車で通り過ぎるだけでは気づかなかった新しい発見!

体で直接感じる海や風!

そして、自分の足で遠くまで来た達成感!

そうです!ここに来て初めて、ロードバイクの素晴らしさに気づいたのです。

しばらく橋の下のベンチで余韻にひたりながら休憩して、来た道を戻りました。

相変わらず遅かったんですけど・・・

そして、自転車の楽しさに気付き始めたこのころから、身体にも変化が出始めるのでした。

つづく(´・ω・`)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR