六甲ヒルクライムの後のリカバリーライドは淡路島!?

 昨日(2015年5月7日)のことですがブログの記事を書いている時に1通のメッセージが

「明日走りに行くん?」

ここではメールの送信者のことを仮にTK氏としておきます。

これは、一言の中に、

「明日オレ走りに行くから、お前も走れや!ついでに走るとこ考えとけや!」

という意味が込められてるに違いありません。

とりあえず私は午前中用事があったので午後から一緒に走る約束をしました。

TK氏は午前中から走るかもしれないと言っているので、親切な私は

「朝からガンガン走って疲れといてくださいね( ^ω^)」

とメッセージを送っときました。

 そして一夜明けて今日(5月8日)、私はTK氏に仕事の終わり時間を連絡すると、どうやら家の近所に向かっているということ。

私のほうが遅くなりそうなので、親切な私は、近所にめっちゃ濃いラーメン屋さんがあるので

「ラーメン食べて待っててくださいね( ^ω^)」

と伝えておきました。

しかし、TK氏が近所まで来るとは思ってなかったのでルートは考えなおしです。

昨日の練習で疲れてるので山は行きたくないし、何処へ行こう?

と考えた末に思いついたのが淡路島100キロコースです。

淡路島100キロコースとは、淡路島1周(アワイチ)から南の方の峠4箇所を省いた平坦なコースです。

少しは坂道はあるけど、峠はちょっと・・・っていう方にはお勧めです。

今回なぜこのコースを選んだのかというと、昨日のリカバリー走をしたかったからです。



今回のコースはこちら


 というわけで、突如決まった淡路島リカバリーライド!早速淡路島で準備をします。

今回はリカバリーライドなので軽いギアで心拍を上げないよう心がけて走ります

まずは志筑の交差点のファミマまで走ります。

ここで100キロ走るか60キロコースに変更するか話し合います。

60キロでは物足りないだろうということで予定通り100キロコースへ。

昨日の疲れかゴールデンウィーク中の疲れからか今日は腰が痛い。

初めて100キロコースに挑戦した時にへたり込んでしまった思い出の場所(笑)を余裕で通過しながら、
「オレも強くなったもんだ・・・」と感慨深くなります。

でも、腰が痛い(´;ω;`)

途中、中間地点ぐらいの南あわじ市のコンビにで補給です。

後半戦、腰が痛いので色々フォームを変えながら走りました。

走りながら腰を伸ばすために平地でもダンシングを交えたりしながら走りました。

 そして、事件は起きました。

五色町の坂をダンシングで上がっていると、突如TK氏がものすごい勢いで私を抜いていきました。

私のダンシングを見てアタックをかけたと思ったのだろうか?

ちなみに、脚力はTK氏の方が上です。

ぶっ飛んでいくTK氏について行くために必死で走りました。

ここでリカバリーライドでは無くなってしまいました

 そして、群家のサイクルオアシスで最後の休憩です。

さっきのアタックで脚を使いきった私にとって最後の区間は地獄でした。

脚は回らないし腰は痛い。おまけに腰をかばって変な姿勢で乗っていたので手も痛くなってきました。

「信号で止まったら自転車を降りて腰を伸ばそう!」

そう考えながら走っていたのですが、
何と!信号に1回も引っかからず(´;ω;`)

ペースだけは維持したかったので、もう走りはグダグダです。

脚が回らないので、低いケイデンスでスピードが落ちてきたら踏み込むを繰り返して走りました。

この区間が番きつかった・・・

 道の駅あわじの前まで来て、岩屋の駐車場まではゆっくり流して帰りました。

そして、駐車場で2人とも

「しんど〜!」

「きっつー!」

もうクタクタです。

えっと、私達何しに淡路島来たんだっけ・・・(´・ω・`)



 家に帰ってから、脚へのダメージを少しでも回復するためにボルタレンを・・・

疲れてるからか、なんかいつもよりスースーするな(´・ω・`)




ムヒ
ムヒですやん!(´;ω;`)

おわり


 本日の記録(サイコン)
 走行距離 105.0km
 走行時間 3h38m21s
 平均速度 28.8km/h
 最高速度 48.4km/h
 ケイデンス平均 86rpm
      最高 124rpm
 心拍数平均 144bpm
    最高 176bpm
 消費カロリー 2271kcal
 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR