下り坂の恐怖?ひとりツール・ド・大山!大山周回コースを走ってきました!その3

 みなさん!元気に自転車乗ってますか?

私は不覚にも風邪を引いてしまいました(ー_ー;)

朝起きると、少ししんどいけど仕事を休む程でもない。

仕事を終え、家に帰ってくるとものすごくしんどいので早く寝る。

朝起きると、少ししんどいけど仕事を休む程でもない。

仕事を終え、家に帰ってくるとものすごくしんどい。

以後、繰り返しという体調不良のスパイラルに陥ってしまい、とてもブログを更新する気になれませんでした。

まだ完全じゃないけど少しマシになってきたので続きを書こうと思います。


 今日こそ記事を書き終えるぞ!

というわけで、前回からの続きです。



150904大山26.JPG
 いわなやさんの前で少し長めの休憩を終え、再スタートです。

ここまで、約38kmを2時間と順調です。



150904大山29.JPG
東大山大橋からの眺め。

ダウンヒルはまだまだ続きます。



150904大山30.JPG
一向ヶ平展望駐車場からの絶景。

谷間の川沿いに集落、
写真ではわかりにくいですが、さらに遠くには風車が見えます。

なかなか素晴らしい景色ですが、あることに気づいてしまいました。

今日走ってるコースは大山周回コース。

現在地から見て大山は左側、今走ってる道路は右に、そして、正面には山に挟まれた谷!

も、もしかして今見えてる集落の辺りまで降りなければいけないんじゃね?

そして、左側の山を越えなければいけないんじゃね?

もうこれ以上下りたくねえええ!!!

はじめて下り坂に恐怖を感じました(笑)

当たり前の話ですが、坂道は下った分だけ上らなければ元の場所には帰ってこれません。

そんな、当たり前のことを考えていたら、いつのまにか脳内BGMはあたりまえ体操に・・・



 あたりまえ~あたりまえ~あたりまえ体操~♪

 あたりまえ体操を口ずさみながらダウンヒル再開です。

まだまだ下りは続きます。

そして・・・



150904大山31.JPG
さっき上から見ていた集落に到着してしまいました(笑)



150904大山32.JPG
あんなに遠くに見えた風車がこんな近くに・・・

集落を抜けると、道は狭くなります。



150904大山33.JPG
ここからヒルクライム!
どう考えても嫌な予感しかしません(笑)



150904大山34.JPG
写真では伝わりませんが、木漏れ日がいい雰囲気を醸し出しています。

実は、こんな感じの道は大好きです(笑)



150904大山35.JPG
結構上ってきたなあと下を眺めます。

下の田んぼの所に道が見えるんですがもしかして・・・

もう坂道を下りたくないんですけど(笑)



150904大山36.JPG
そして(予想通り?)さっき上から見た道を走ります(笑)



150904大山37.JPG
しばらく進み、トンネルを抜けると



150904大山38.JPG
船上山ダムです。
突如現れた景色に思わず足も止まります。



150904大山39.JPG
さらに上りは続きます。



150904大山40.JPG
船上山屏風岩
山の上には雄大な屏風岩がそびえ立っています。



150904大山41.JPG
眼下には、先ほど通ってきたダム湖が見えます。



150904大山42.JPG
船上山展望駐車場から望む船上山。
この辺が第2チェックポイントでしょうか?

 ここまで、残り20kmで約3時間半。
順調ですと言いたいところですが、足に違和感が・・・

足に負荷をかけると、足の筋肉がピクピクとなります。

やばい!これ足攣るやつや!



150904大山43.JPG
まだまだ上りは続きます。
大丈夫か、オレ?



150904大山44.JPG
山道を抜けると広い道に出てきます。



150904大山45.JPG
大山は雲がかかってきました。

と同時に、ひとりツール・ド・大山完走にも暗雲が(笑)



150904大山46.JPG
広くて交通量の少ない道を走り続けます。
こういう道は、目で見た感じとサイコンが示す勾配が一致しません。

スピードが出るなあと思ったら勾配が緩い若しくは下りだったり、スピードが出ないと思ったら勾配がきつかったり・・・体は正直です(´;ω;`)

この辺りから、上りに差し掛かると足が攣りそうになります。

負担を掛けないよう軽いギヤにしたり、走りながら足を伸ばしてみたり色々誤魔化しながら走ります。



150904大山47.JPG
そしてついに足が攣ってしまいました(´;ω;`)
チェーン装着場で自転車を倒し、アスファルトの上をのたうち回っていたのは私です(笑)

残りは約10km

結局この坂は自転車を押して上がりました(´;ω;`)

頂上まで来るとまた下りです。

ゴール地点は現在地よりも高い所にあります。

もうこれ以上下りたくねえええ!!!



150904大山48.JPG
しばらく平地っぽいところを走ります。

平地なら足は大丈夫そうです。

っていうか、大山さっきより遠くなってね(´・ω・`)?

そして、上りになるとやっぱり足が攣ります。

再び現れる下り坂でやはり、

もうこれ以上下りたくねえええ!!!

と叫んでしまいます(笑)

しばらく走ると次の上り坂がやって来ました。

もちろん足は攣りました(´;ω;`)



150904大山49.JPG
距離的に恐らく最後の上りであろうと考えられます。

見た目はきつそうに見えないのですがサイコンはずっと9%を示しています。

今更ですが、制限時間が気になってきました。

時刻は17時45分!

残り3キロを45分で上がればギリギリ間に合いそうです。

時速4キロで上がれば間に合うはず!

足が痛くて休憩したかったのですが、間に合う可能性があると判ると、どうしても諦めきれません。



150904大山50.JPG
ただただ真っ直ぐな坂道を脚を引きずりながら上っていきます。



ここからの BGM(笑)


ここからが本当に辛かった・・・

顔の周りを虫が飛んでいて鬱陶しいし、
クリートが付いた靴は歩きにくいしでもう泣きそうです(´;ω;`)

でも、車は上にあるので上るしかありません。

この程度(と言っても10%ぐらいありますが)の坂も上れないなんて・・・

何か、段々みじめで恥ずかしい気持ちになってきました。

変な歩き方をしているので、腰とか股関節とかまで痛くなってきました。

あまりにも痛いんで2回止まりました。

でも、まだ間に合うかもしれないのですぐに歩き出しました。

歩いても歩いても全然進んでる気がしませんでした。

もうテンション下がりまくりです。

しかし、最後まであきらめずに歩き続けました。


そして・・・

(BGMはここからクライマックスでお願いします)

夕日に照らされ、赤く染まった大山の北壁の岩肌が見え、見たことがある建物が見えてきました!

 エイドリア~ン!!!

 うおおおおお!!!



150904大山51.JPG
そして、ゴールです!

私は駐車場に仰向けになって倒れたまましばらく動けませんでした。

っていうか、動くと足が攣るんです(´;ω;`)

しばらく寝っ転がったまま大山を眺めていました。

夕日に赤く染まった大山に見とれてしまいました。



150904大山52.JPG
写真ではわかりにくいのですが、夕日で赤く染まった北壁



150904大山53.JPG
日が沈み、外灯に灯りがつき始めました。

辺りが暗くなってきたので、自転車を車に積み込み家路につきました。


 はじめてのひとりツール・ド・大山は、最後歩いたので残念ながらDNFです。

次回、必ずリベンジしてやるぜ!

おわり

ちなみに、スタートからゴールまでの所要時間は5時間27分で、ぎりぎり?ツール・ド・大山の制限時間に間に合いました。
目標は一応達成(´・ω・`)?


 今回走ったツール・ド・大山のコース。景色もよく、実に素晴らしいコースでした。
近いうちにまた走ってみたいと思います。
足が攣って完走できなかった私が言うのも何ですが、びっくりするほどきつい勾配はなく、六甲足着き無しで上がれる実力があれば完走できると思います。

というわけで、六甲で鍛えなおしてきます(´;ω;`)


 本日(9月4日)の記録
 走行距離 82.39km
 走行時間 4h51m35s
 平均速度 17.0km/h
 最高速度 79.9km/h
 ケイデンス平均 72rpm
      最高 163rpm
 心拍数平均 153bpm
    最高 180bpm
 消費カロリー 2280C
 高度上昇 2696m
 平均気温 20.4℃


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大山半?制覇おつかれさまです!
いつも楽しく読ませていただいております。
嫁の地元が鳥取ということもあってコメントさせていただきました。

自分は六甲山すら登れないメタボライダーな上にロードバイクに乗り始めて2ヶ月程度と初心者丸出しですがいつか六甲山、大山と制覇してみたいと思います!

良かったら今度ペダリングの仕方など教えていただきたいのと、普段一人で乗っているのでアワイチに同行させていただければと思います^ ^

No title

>メタボな名無しさん
コメントありがとうございます。

アワイチの件、喜んで同行させていただきたいと思います。
その前に一言だけ伝えておきます。
私は、自転車歴も短くの何の実績もないただのシロウトのおっさんですので、他人を教えることなんて出来ません。
一緒に楽しく走れたらいいなあぐらいに思っています。
それでもよろしければ非公開コメントでメールアドレス等連絡先を教えてください。
確認次第連絡させていただきます。
よろしくお願いします。

お疲れ様です♪( ´▽`)

もしかして登りか下りかの
平坦無しコースですか(ー ー;)

No title

>クロワッサンさん
いつもコメントありがとうございます。

平坦なところもありましたよ。
駐車場の上とか橋の上とか・・・

止まって景色を見ながら走ってたからかも知れませんが、六甲山のほうがキツイと思いましたよ。
だから、六甲山足着き無しで行けたら行けると思うんです。
私は行けませんでしたが(´;ω;`)

アップダウンはルートラボを参考にしてくださいね。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=f938e7eb680ea8f969ab49e12e3085af

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR