自転車通学?はじめてのロードバイク

最近雨ばかりで全然自転車に乗れません(´;ω;`)

というわけで今日は自転車に乗らない記事。


 先日、ある方から

「ウチの息子ロードバイク欲しいって言ってるから相談乗ってあげて!」

と言われました。

最近、ロードバイクばかり乗り回しているので自転車に詳しいと思っていただいてるみたいでしてこんな相談を受けました。

自転車乗りとしての実績は無いですが、まあ私の考えを伝えるという意味でOKしました。

これから書くアドバイスじみたことは、自転車屋さんでも選手でもないただのシロウトの考えです。

これからも自転車に乗り続けることによって、考え方も変わるかもしれませんが、とりあえず今思ってることをこれからロードを始めたいと思ってる若者に精一杯伝えていきたいと思います。

OKした数日後、早速彼(ここでは仮にT君としておこう)からメッセージが届きました。

ちなみにT君は今年の春から高校2年生です。

「Tです。通学用にロードバイクを買おうと考えているんですが、おすすめを教えていただけないでしょうか? ちなみに、予算は10万円までぐらいを考えています。」

私は、通学用というのが引っかかったので逆に質問しました。

「学校にロードバイクを置いとく場所はあるのでしょうか?」

ついでに80万円のロードバイクを学校に乗って行って盗難にあった記事も送っておきました。

この記事については「80万円のロードバイクで学校行った結果」みたいな感じで検索するといっぱい出てきます(笑)

しばらくして

「学校内に駐輪場があり近くに警備員がいるのでたぶん大丈夫です。」

という返事が返ってきました。

文字を入力するのが面倒くさく・・・実際に会って話し合いたいと思ったので後日会う約束をしてその日は終わりました。

 それからT君に会う日までに、各メーカーのエントリーモデルをネットで調べたりしましたよ。

どうやら、円安の影響で何処のメーカーも定価は上がってるみたいです。

正直10万円以下は少し厳しいかなと思いました。

彼は予算をオーバーしてでもロードバイクを購入するのだろうか?

そんな不安が少し頭のなかをよぎりました。

ロードバイクの素晴らしさを体感してもらうために当日は私のバイク(TREK MADONE5.2)に試乗してもらうことにしました。

私のバイクに乗って彼がより一層欲しいと思うかどうかは賭けですが・・・

 そして約束の当日、私は車に自分のバイクを積んで彼に会いに行きました。

早速彼には試乗してもらうことに

私「とりあえずチャリ持ってきたったから乗れや!」

T君「い、いいんですかっ!」

私「でもコケんといてな!コケたら泣くで・・・」

まずは乗る前にその軽さを実感してもらうために手で持ってもらいました。

「軽っ!」

その様子を見ていた周りの人や知らない子供まで集まってきてみんな

「持たせて〜」 「軽っ!」

「オレもオレも」 「軽っ!」「軽っ!」

「お前ら、カルカル教の教祖かっ!」

ちょっとした人集りが出来てしまいました(笑) 

そしていよいよT君の試乗です。

簡単にトップチューブにまたがってから乗る方法とシフトチェンジの仕方を説明してから乗ってもらいました。

「すごく楽しいです!」

どうやら喜んでもらえたようです。

その後T君と私は2人で自転車屋に自転車を見に行くことに

私 「T君連れて自転車屋さん行ってくるわ!」

T君母「どこでも連れ回してきてちょうだい!」

私 「オレとつるんでたら変態!って呼ばれるようになるで!」

T君母「うちの子ちょっと真面目すぎるから構わへんで!」

私 「じゃあ夜の街連れ回してくるわ!」

T君母「お願いします(笑)」

 親の承諾を得た私達は早速、車に乗り込み自転車屋さんへ向かいます。

私 「どんな自転車が欲しいん?」

T君「初めてのロードなのでとりあえず10万ぐらいでアルミのが欲しいです。」

私 「何でアルミなん?」

T君「カーボンは初心者には取り扱いが難しいらしいって聞いたので。」

私 「あんまり変わらんで。」

T君「そ、そうなんですか?」

私 「オレ前アルミのヤツ乗ってたけど同じように扱ってるで。」

T君「・・・」

私 「実際カーボンが割れるような激しいクラッシュしたら、アルミのフレームでもただじゃすまんって!たぶん・・・」

T君「たぶんって・・・」
  「じゃあアルミとカーボンってどこが違うんですか?」

私 「乗ってみて一番わかりやすいのは乗り心地かなあ?」
  「アルミは衝撃がダイレクトに伝わってくるけどカーボンは衝撃がかなりマイルドになるなあ。」
  「それと重さの違いも感じるなあ。漕ぎ出しだけじゃなくコーナー曲がる時とかもカーボンのほうが軽さを感じるなあっていうか実際軽いねんけどな。」
  「でもアルミにも長所があるねんで!」

T君「どこですか?」

私 「アルミは硬いからペダルを漕ぐ力をより多く路面に伝えることが出来るねんで!」

T君「じゃあ乗り心地のいいカーボンは遅いんですか?」

私 「カーボンはアルミと比べて設計の自由度が高いんやで。ペダルの周りなど駆動に関わる部分の剛性を上げてそれ以外の部分はしならせて振動を吸収させることが出来るんやで。」


そんな会話をしながら自転車屋さんに到着しました。

私 「今日は自転車を見にきただけやで!」
  「いろんな自転車を見て自分がほしい自転車を見つけるんや!」

とりあえず自転車を片っ端から見ていきます。

まずはPINARELLO!

私 「見てみ!このグニャグニャ!なんかエロいやろ?」

T君「・・・は、早そうっすね(汗)」

次にCOLNAGO!

私 「ここはイタリアのメーカーでフェラーリの自転車も出してんねんで!カッコイイだろ?」

T君「・・・す、すごいっすね(汗)」

私 「ドンキホーテとかに売ってるマークだけの安物とはちゃうねんで!」

T君「・・・」

次はDE ROSA!

私 「ハートのマークでおしゃれなデザインが特徴や!」
  「ちなみに、COLNAGO、PINARELLO!DE ROSA!がイタリアの代表的なメーカーやで!日本で言うたらたけし!タモリ!さんま!
のお笑いビッグ3みたいなもんや!」

T君「・・・」

次にTREK!

私 「オレの乗ってるバイクメーカーや!カッコイイだろ?

T君「・・・か、か、カッコイイっす」←ほとんど脅迫(笑)

そしてCannondale!

私 「キャノンデール!アルミフレームのCAADシリーズが有名や!」
黄色と黒のCAAD8を指して
  「これカッコイイやん!阪神タイガースみたいで!六甲山も颯爽と登れるはず(笑)」

T君「・・・」

私 「この自転車屋さんには置いてないけど、あとSPECIALIZEDってメーカーが有って、TREKとCannondaleと合わせてアメリカのたけし!タモリ!さんま!や!」

T君「・・・」

ここで、やたらとCAAD8が置いてあったのでここでT君にコンポの違いによる値段の違いを説明します。

T君「同じフレームでもパーツの違いでこんなに値段が変わるんですね。」

ついでにフレームのサイズについても説明します。

そしてロードの場合は大は小を兼ねないことや、好き好んで小さめのフレームを選ぶ人も居ることも説明。

ところで、T君はまだ高校2年生!まだまだ背が伸びる可能性はあるし残念ながら伸びない可能性だってある。

サイズ選びは難しいところです!

そんな感じで自転車を見ながらまだまだ各メーカーごとに説明していきます。

ほとんど見た目と私の偏見ですけど!(笑)

そして私は最後にT君に言いました。

好みなんて人それぞれ!カレーライスが好きな人が入ればラーメンのほうが好きな人もいる。

私のおすすめが君にとって最高の1台になるとは限らない。

実際に見て自分が欲しいと思った自転車を買いなさい

そして、お金がなくても若さがある!

安くてもかっこいい自転車はたくさんある。

自転車に乗り出したらすぐに私より速くなるだろう。

通学だけとは言わずロードバイクを楽しんで欲しい

閉店の時間になったのでT君と私は夜の街に晩飯を食いに行きました。

そして父親から帰りの電車賃と晩飯代をもらっていたのを知っていたのでT君を家まで送り

「今日浮いた電車賃はロードバイクを買う足しにしなさい」(`・ω・´)

とカッコをつけてから別れたのでした。

これで私の好感度も上がったはず!

などとセコいことを考えながら家路についたのでした。

はたしてT君はロードバイクを買うのだろうか?

つづく・・・はず(´・ω・`)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
生意気にもブログランキングに参加しています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR