初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド第3弾!東六甲逆瀬川編!

みなさま!ご無沙汰しております。

本日は一部のマニアの方に人気!?のあのシリーズが帰ってきました。

今回は

 「初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド第3弾!東六甲逆瀬川編!」

をお送りします。

今回のコースはこちら


阪急逆瀬川駅から県道16号線を六甲山目指して西に進むコースです。

六甲山ヒルクライムコースは主にこの東六甲、西六甲、表六甲、裏六甲、再度山とありますが、
個人的には今回紹介する東六甲が一番きついコースだと思います。

ルートラボによると
 距離 12km
 最大標高差 881m
 平均斜度 全体 7.4%
      上り 7.8%
      下り 1.3%
 獲得標高 上り 873m
      下り 2m (笑)
となっています。



151120六甲山08.JPG
集合場所はここ!

阪急逆瀬川(さかせがわ)駅です。

遠方の方も駅を出てすぐにヒルクライムできますね( ^ω^)



151120六甲山09.JPG
この踏切がスタート地点らしいです。

最初は川沿いを上っていくんですが、タイムを狙う人は六甲山に向かって川の右側、
ゆっくり走る人は車の少ない左側を走ります。



151120六甲山10.JPG
ゆるポタ派の私はもちろん左側を走ります。



151120六甲山11.JPG
この先行き止まりと書いてある橋に来たら川の右側に渡りましょう。



151120六甲山12.JPG
次の橋は自転車を降りて渡らなければいけませんから。

この橋を過ぎると行き止まりです。



151120六甲山13.JPG
橋を渡ってからは川の右側を走ります。

川の右側の道、県道16号線は狭くて車が多いので注意が必要です。

ちなみに川沿いは勾配がゆるいので楽勝です。



151120六甲山14.JPG
途中からゴルフ場の横を走ります。

この辺りから少しずつ勾配がきつくなってきます。

きつくなると言ってもこの辺りはしれてますけど・・・



151120六甲山15.JPG
西宮市の標識

ここからはとりあえず下りです。

下りで勢いをつけておけば次の登り返しも問題無いでしょう。



151120六甲山16.JPG
そして「甲寿橋」交差点

ここまで約4km

逆瀬川(宝塚)方面から上ってくる人と西宮方面から上ってくる人との合流ポイントです。

残り約7km!
東六甲はここからが本番です!

以後、本文中に示す距離はここからの距離とします。

まずは六甲山方面に高架の側道をゆるゆると上っていきます。



151120六甲山17.JPG
600mほど進むと左側に旧道への分岐が現れます。



151120六甲山18.JPG
ゆるポタ派の私はもちろん旧道に入ります。

旧道は車が来ないので安全です。

タイムを狙うガチ勢の人はそのまままっすぐ進みましょう。



151120六甲山19.JPG
この時期(11月20日)は落ち葉がいっぱいです。

ちなみに初夏のころは目の前にいっぱい毛虫がぶら下がっています。



151120六甲山20.JPG
1.5kmほどで元の道に合流します。

いよいよここからが本番です。



151120六甲山21.JPG
スタートから1.8kmほど進むと分岐が現れます。

標識どおりですが、六甲山を目指す人はまっすぐ進みましょう。

右側にも楽しい道があるのですが、
それは後日別の機会にということで(笑)

というわけで直進します。

ていうかゴールの一軒茶屋までは1本道なので、
ここから道を間違える人はいないでしょう(´・ω・`)



151120六甲山22.JPG
スタートから2.8kmほど進むと勾配12%を示す標識が現れます!

東六甲コース実はここからが本番です!
ってか何回本番あるねん(笑)

実は東六甲が本当にキツくなるのはここからなのです(´・ω・`)

ここまではウオーミングアップ程度に考えといてください。



151120六甲山23.JPG
ずっときつい坂道が続きます。



151120六甲山24.JPG
しばらく進むと芦有道路の入口の標識が出てきます。

このカーブを曲がった所から入口までの約100mが個人的には一番きつく感じます。



151120六甲山25.JPG
そして芦有ドライブウェイ宝殿ICです。

ここまで約5kmです。

写真をよく見ると六甲山まで7kmとありますが、
ゴールの一軒茶屋までは2kmほどです。

後もう一息です!



151120六甲山26.JPG
左側を見ると六甲山山頂にあるアンテナが見えてきます!

ゴールはもうすぐです!(`・ω・´)



151120六甲山27.JPG
さらに進むと勾配が緩くなりトンネルが見えてきます。

鉢巻山トンネルです。

ここまで約6.5km!
ゴールはもう目の前です!

さあ!ラストスパート!



151120六甲山28.JPG
そして、ゴールの一軒茶屋です!



151120六甲山29.JPG
みんながよく写真を撮ってる場所は建物の裏側にあります。

お疲れ様でした!

と言いたいところですが、
ここは六甲山山頂ではありません(´・ω・`)

というわけで、山頂を目指します。



151120六甲山30.JPG
一軒茶屋から道路を隔てた反対側に山頂への登り口があります。

六甲山ヒルクライムで一番きついのは実はこの坂なんです。

脚力に自信のない人は最初から自転車を押して上ることをお勧めします。

たまに、登山客の集団が道を塞いでることもあるので注意が必要です。



151120六甲山31.JPG
激坂を上るとアンテナが現れます。

舗装されてるのはここまで。



151120六甲山32.JPG
後はアンテナの横の石段を上がっていきます。

パンクしない自信があるのならまだ自転車で上れます。

そして・・・



151120六甲山07.JPG
六甲山最高峰です。

お疲れ様でした。

ここからは気をつけて帰りましょう!

昔からよく言いますよね。

家に帰るまでがヒルクライムです!

以上!
初心者による初心者のための六甲山ヒルクライムガイド第3弾!東六甲逆瀬川編!でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まってましたー

ってこっちが先なのヽ(´~`;

No title

アワイチお疲れ様です。。。
ニューアワジルート通れたみたいですね!
風車工事、風で中止してたんかな???どっちにしろガセ情報流してすみません(;´Д`)

これ以上ないくらい分かりやすい東六甲ルート情報ですね(*^。^*)
分かりやす過ぎて、東六甲の過酷さが和らいでいる気もしますが、、、そこは御愛嬌ですね(笑)

これに続いて、十万辻や三田、篠山方面の峠情報もヨロシクお願いします^^

淡一お疲れ様でした。

逆瀬川編分かりやすくて参考になります。
一回だけしか行ってないのでいつか再挑戦したいと思ってます。

No title

>クロワッサンさん
毎度ありがとうございます。

アワイチ写真多すぎて整理が大変です(´;ω;`)
というわけで、こちらを先にアップしました。

No title

>チュミチュミさん
コメントありがとうございます。

工事は終わってないようでしたがなぜか通行できました。

淡路島の写真が溜まってきたのでアワイチガイドみたいなのも作ってみたいですね。

No title

>ササナギさん
コメントありがとうございます。

先日はお疲れ様でした。
ぜひとも挑戦してみてくださいね!
表六甲上った後に・・・
プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR