絶景を求めて!ゆるゆる?ポタポタ?姫路〜雪彦山〜砥峰高原ライド!前編!

 はい!ど~も~!

いやあ~、7月になり急に暑くなりましたね。

ツール・ド・フランスも始まり、自転車乗りにとっては眠れない日々が続くことでしょう。

しかし!そんなことより、関西のヒルクライマーに悲報です。

表六甲ドライブウェイの前半部分

「新六甲大橋下」交差点からトンネルまでの区間が落石のため通行止めになってしまいました。

1日も早く復旧することを願うばかりです。

っていうか、表六甲通行止め多いな(´・ω・`)

 というわけで、ここからが本題

この話は2016年10月2日の事を書いた物です。

 私は普段、土日は仕事してるんですけど、急に休みになる事もあるんです。

この日も確か、前日の土曜日に休みが確定してからに一緒に遊んでくれる人を募集したっけなあ~。

SNSで一緒に走ってくれる人を募集した結果、なんとか1人見つけることが出来ました。

今回の私のワガママに付き合ってくれる親切な人はおなじみ?のJINさんです。

いつもありがとうございますm(_ _)m

SNSであーだこーだ言いながら行き先を決定します。

 というわけで、今回の行き先は「砥峰(とのみね)高原」に決定!

知らない人のために少しだけ説明しておくと、

「砥峰(とのみね)高原」は兵庫県にある高原でススキの大群生地として知られています。

近年は、映画「ノルウェイの森」や大河ドラマ「平清盛」や「軍師官兵衛」のロケ地としても有名だそうです。

こいつは絶景が期待できそうだぜ!

ルートは「乗り気ですよ♪」の中の人乗り気さんのアドバイスに基づき決定しました。

っていうか丸パクリ(笑)

乗り気さんありがとうございますm(_ _)m

 そして当日、JINさんを迎えにコンビニに行きます。

朝食を買おうとコンビニに入った瞬間、私の目に飛び込んできたのは!



161002砥峰01.JPG
コ~ブ~ラ~♪

お~!

朝から衝動買いです(´・ω・`)

今でも思うんですけど、このころのアニメって素晴らしいですよね。

何が素晴らしいかって言うと・・・

おっと!話が脱線するところだったぜ(笑)

 というわけでJINさんと合流してスタート地点に車で向かいます。



161002砥峰02.JPG
今回のスタート地点は姫路城です。

さて、今回のライドですが、気になる景色があれば躊躇無く立ち止まり写真を撮る!

がんばらないゆるゆるのフォトポタです。

ゆるポタなのに距離が100kmで獲得標高が1600mなのはここだけの話(笑)



161002砥峰03.JPG
スタートする前から写真を撮りまくる我々(笑)

写真をひと通り撮り終わってやっと出発!

今日中に帰ってこれるのだろうか(´・ω・`)



161002砥峰04.JPG
途中で見つけたファンキーな駄菓子屋!

残念ながらまだ開いてませんでした(´;ω;`) 



161002砥峰05.JPG
川沿いの道を北上して行きます。

徐々に秘境に入って行きます。



161002砥峰06.JPG
JINさんも張り切ってます(笑)

 ところで、今日のJINさん、いつもと違って何か精彩に欠けるっていうか元気がない感じがするんですよね。

もしかして、JINさんが弱ってるんじゃなくてオレが強くなったんじゃね(´・ω・`)?

先週ファンキーアワイチを経験した私が、ドラゴンボールの悟空が精神と時の部屋から出て来た時の様に強くなり過ぎたのか?
なんて事を考えながら走っていました(笑)

 そして、ダムの標識発見!

サイクリングと言えばダムだろ(笑)

というわけで、自転車を降りてダムを見に行きます。

えっと・・・

ダムはどこかな?

ん!(´・ω・`)?



161002砥峰07.JPG
ダムちっさ(笑)


161002砥峰08.JPG
ついでに歴史のお勉強!

読んだけど何が言いたいのかよくわからん(´・ω・`)

さらに奥に進んで行きます。



161002砥峰09.JPG
温泉発見!(`・ω・´) 

この時、「雪彦」を「せっぴこ」と読むことを初めて知りました(笑)



161002砥峰10.JPG
雪彦峰山県立自然公園の入口です。



161002砥峰11.JPG
JINさんここでも勉強を怠りません!

そして!


161002砥峰12.JPG
突如、もうじゅうがあらわれた!


161002砥峰13.JPG
その内の1頭が私の腕に襲いかかってきた!


161002砥峰14.JPG
もうじゅうの攻撃から何とか逃れる事が出来た我々は更にジャングルの奥へと進んで行ったのでした。

っていうか、この辺りから勾配がキツい(´;ω;`) 



161002砥峰15.JPG
雪彦山展望駅に到着!

ところで、標識をよく見ると


161002砥峰16.JPG
起点から1.6km
終点まで17.5kmだと!
((((;゚Д゚)))))))

まあこの時、起点がどこで終点がどこだかわからなかったんですけどね(´・ω・`)

この後も延々と登りが続きます(笑)



161002砥峰17.JPG
途中で写真を写したり



161002砥峰18.JPG
栗拾って遊んだりしながらゆっくりと進んで行きました。

 そして、明石海峡大橋眺望駅に到着!


161002砥峰19.JPG
天気が良ければ、こんな山奥から明石海峡大橋が見えるらしいのですが、
残念ながら今日は全く見えません(´;ω;`)

これまで進んできた距離と終点までの距離は・・・

見なかったことにしよう(´・ω・`)

ここまでゆっくりまったり走ってきたんですが、だいたい予定通りでした。

 ところが、ここで休憩してる時にに通りがかった人が、自転車好きで、これからロードバイクを始めようと思ってるいるらしく、我々にアドバイスを求めてきました。

ショップ選びから自転車選びや自転車を買った後のショップとの付き合い方まで、それはもう親切に先輩ヅラアドバイスしましたよ。

しかし、この事が思わぬタイムロスになってしまったのでした。

あの時の人は自転車乗りになったのかなあ?

いえーい!あの時の人~見てる~\(^o^)/

 そして、更に進んで行きます。

ボチボチおなかがすいてきたんですが道はまだまだ続く様です。

そして、このお話も次回に続く様です(´・ω・`)

大幅にタイムロスしてしまった我々は無事にゴールする事が出来たのでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
早く書けよ!って人は毎日ポチりまくってください。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ビワイチ?平地ばかりだし楽勝だろ?久しぶりに琵琶湖を1周してきました!

 はい!ど〜も〜!

いやあ〜、東京都知事えらい叩かれてますね〜。

まあ、叩かれる原因を作ったのも悪いんでしょうけど、急に叩かれすぎですよね。

それにしても、世間に報道すべきもっと重要なニュースがあると思うんですけど・・・

タックスヘイブンとか、東京オリ・・・うわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp

 というわけで、一部の人!

お待たせしました〜\(^o^)/

先日(5月13日)行ってきたビワイチの記事です。

ビワイチと言えば関西サイクリスト3大イベントの1つです。

去年も同じ様な事書きましたが、アワイチとあと1つは知りません(´・ω・`)

 ところで、私は兵庫県に住んでいるので、周りの友達もアワイチは経験しているけど、ビワイチは行った事が無い!という人が多いんです。

みんなビワイチに興味津々です。

というわけで、今回はビワイチの魅力をまだ行った事の無い人にお伝えできたらなあと思ってこの記事を書きたいと思います。

 先日の事です。

久しぶりに登場のTK氏からメッセージが入りました。

「金曜日休みになりました。」

このメッセージを受け取った時点で、私はまだ金曜日が休みかどうか確定していなかったのでとりあえず保留しておきました。

そして前日の木曜日、仕事が早く終わったので金曜日は休みになりました。

というわけでTK氏にその旨を伝えます。

そして、翌日にTK氏と走りに行く事になったんですが、問題はどこに走りに行くかです。

TK氏は疲れているからしんどいのは無理!と言っています。

私も最近疲れ気味なので、これには同意!

せっかくの休みなのでロングライドしたいし、でも山は走りたくないし・・・

淡路島は山があるし、自走で遠くに行こうと思っても必ず山が現れます。

というわけで、琵琶湖に走りに行く事に決定しました。

時間の都合で今回も北湖のみを周るキタイチになりました。

ビワイチ(´・ω・`)?
平地ばっかりやし楽勝やろ!
ってな感じです。

翌日に向けて、ルートラボでテキトーにコースを引きます。

 そしてビワイチ当日。

今回はJR堅田駅近所のタイムズに車を置くことにしました。



160513琵琶湖01.JPG
タイムズ駐車場検索で事前に場所を調べ現地に到着!

そして、なんと・・・



160513琵琶湖02.JPG
タイムズの向かいに1日500円の駐車場があるではありませんか!

その名もナイスパーキング!

というわけでこちらの駐車場に車を置いておくことに(笑)



160513琵琶湖03.JPG
早速駐車場で準備をします。

そして出発!



160513琵琶湖04.JPG
まずは、道の駅琵琶湖大橋米プラザでトイレ休憩♪

ここに車を置いてビワイチされる方がおられるようですが、
ダメですよ(´・ω・`)

軽量化?を終え再びスタートです。



160513琵琶湖05.JPG
まずは琵琶湖大橋の上で記念撮影!

私も自転車に乗り始めるまで知らなかったのですが、今いる琵琶湖大橋より北側を北湖、南側を南湖と呼ぶらしいです。

そして、北湖のみを周る事をキタイチ、南湖を含めて一周する事をフルイチと呼ぶそうです。

どちらもビワイチと認められてるらしいのですが、残念ながら南湖のみを周るのはビワイチと呼ばないらしいです。



160513琵琶湖06.JPG
琵琶湖大橋を渡ると、湖岸道路を走ります。

琵琶湖沿いにしばらく信号の無い道が続きます。

ちなみに写真に写ってる人は全然知らない人です(´・ω・`)



160513琵琶湖07.JPG
湖の反対側はこんな感じです。

湖岸道路ですが平日という事もあって結構車が多いです。

大型車がギリギリをかすめて行くので怖い思いをする事も。

よくあるビワイチを紹介するサイトでは、歩道を走る事を推奨していますが、私も歩道を走った方が安全だと思います。

私たちは車道を走りましたが(´・ω・`)

ところで今日は、向かい風でペースが上がりません。

後半追い風になる事をに期待して走ります。

しばらく走り、長命寺町交差点を左折します。



160513琵琶湖08.JPG
ここからしばらくは車の少ない木陰の道になります。

琵琶湖の周りって日陰が無さそうなイメージですが、ちゃんとありますよ(^ω^)



160513琵琶湖09.JPG
走りやすい気持ちの良い道が続きます。

ところで、この辺りからTK氏と先頭交代したのですが、ペースが一気に上がります。

貴方疲れてるんじゃないんですか(´;ω;`)

付いていくのに必死です(笑)



160513琵琶湖10.JPG
ペースが上がりしんどくなったので休憩を要求(笑)

この後先頭を交代しながら走って行きます。



160513琵琶湖11.JPG
琵琶湖大仏?

淡路島の世界平和観音像より小さいです(笑)



160513琵琶湖12.JPG
そして長浜城!



160513琵琶湖13.JPG
長浜を過ぎると交通量が激減します。

そしてこの辺りから私の身体に異変が!

脚が回りません(´;ω;`)

そういえば朝5時ぐらいから何も食ってなかったな。

晩飯も今日の準備でロクに食べてなかったな。

そう考えると、急にしんどくなってきました。

どこかでピットストップをしたかったのですが、
この辺りは何もありません(´;ω;`)

相変わらずTK氏は速いペースで走ります。

貴方疲れてるんじゃ・・・

そして・・・



160513琵琶湖14.JPG
ようやく道の駅湖北みすどりステーションを発見しました。

私もうヘロヘロです(´;ω;`)



160513琵琶湖15.JPG
とりあえず、早くエネルギーになりそうなてんぷらうどんを補給!

飯食ったらすぐに復活!(`・ω・´)

ってなる予定だったのですが、この日はそうはいきませんでした。

なんとなくしんどいまま再スタート!



160513琵琶湖16.JPG
湖北の辺りは素晴らしい景色が続きます。

車も少ないし最高です\(^o^)/



160513琵琶湖17.JPG
国道8号線を越え山道に入ります。

ビワイチ唯一の坂道です。

そして



160513琵琶湖18.JPG
トンネルを抜けると・・・



160513琵琶湖19.JPG
絶景が目の前に開けます。

ここはビワイチ定番の写真スポットです。



160513琵琶湖20.JPG
この辺りは風も涼しくとても気持ちの良い道でした。



160513琵琶湖21.JPG
湖を見ながらゆっくりと走るはずでしたが・・・



160513琵琶湖22.JPG
TK氏が前に出るとペースアップ(´;ω;`)

いや、だから貴方疲れているんじゃ・・・

そして国道161号線に合流し、遂に追い風になりました。

そしてビワイチ定番ポイント!



160513琵琶湖23.JPG
白髭神社で休憩です。

ここからゴールまで追い風に乗って幹線道路を走っても良かったのですが、面白く無いので、前日にテキトーに引いたルートを走ります。



160513琵琶湖24.JPG
こっち走る方がいいやん!って思いながら走っていたんですが・・・



160513琵琶湖25.JPG
ルートラボで道路と認識されてない所は舗装されてませんでした(笑)



160513琵琶湖26.JPG
ガーミンの地図を見ながらゆっくり走っていたんですが
残り5キロぐらいの所で脚がつりました(´;ω;`)

最近、他人にあげてばかりだったのですが、
久々にコムレケアの世話になりました。




最後は幹線道路を走り堅田の駐車場に戻ってきました。

もうヘロヘロです(´;ω;`)

TK氏も疲れ切っていました。

誰やねん!ビワイチ楽って言ったのは!

それにしても、ビワイチ、前回はもっと楽だった様な気がしたのになあ。

琵琶湖さん!
なめていて申し訳ありませんでしたm(_ _)m

修行して出直してきます(笑)

おわり

 本日(5月13日)の記録
 走行距離 151.76km
 走行時間 5h43m23s
 平均速度 26.5km/h
 最高速度 48.4km/h
 高度上昇 600m
 ケイデンス平均 83rpm
      最高 196rpm
 心拍数平均 147bpm 
    最高 181pm 
 消費カロリー 2654C
 平均気温 23.6℃
 最低気温 18.0℃
 最高気温 29.0℃


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついに新コース突入!ツール・ド・大山新コースを試走してきました!その3

 はい!ど~も~!

いやあ〜、雨ですね〜。

せっかく早起きしたから再度山に朝練に行きたかったんですけど。

この時間を利用して頑張ってツール・ド・大山の記事を書き終えたいと思います。

 というわけで、前回からの続きです。



160408大山30.JPG
新コースと旧コースとの分岐点に到着した我々!



160408大山31.JPG
ちなみに4月8日現在、道路の標識は古いままです(´・ω・`)

左折じゃありませんよ。


160408大山32.JPG
そして旧コースは現在通行止!

もしガーミンに旧コースの地図しか入れてなかったら、土地勘のない我々はここで詰んでいたことでしょう(笑)

ガーミンのマップに従って新コースを突き進みます。



160408大山33.JPG
緩い下り基調の道を進みます。



160408大山34.JPG
これでもかっていうぐらい進みます。



160408大山35.JPG
そして風車が横に見えてきます。



160408大山36.JPG
まだまだ進みます(笑)



160408大山37.JPG
そしてこの建物(聖郷小学校)を過ぎたらようやく信号です。



160408大山38.JPG
この信号を左折すると



160408大山39.JPG
すぐにまた次の信号が現れます。



160408大山40.JPG
信号を左折してから今度は緩い上り基調の道を進みます。

勾配はほとんど気になりませんっていうかほぼ平坦です。



160408大山41.JPG
菜の花畑の横を抜け



160408大山42.JPG
この辺りから少し勾配がきつくなりますが、気にするほどではありません。

このまま元のコースに合流?
新コースの方が楽勝じゃね(´・ω・`)?

そう考えてた時期もありました。

そして・・・



160408大山43.JPG
トンネルを抜けると



160408大山44.JPG
激坂でした(´;ω;`)

左上に延びるガードレール沿いの道を上がって行きます。



160408大山45.JPG
これはきつい(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ



160408大山46.JPG
何とか坂を登り終えて、少し戻って桜の撮影(笑)

ここから坂を下ります。



160408大山47.JPG
この標識の場所を左折して船上山を目指します。



160408大山48.JPG
この辺りは緩やかな上りって感じです。



160408大山49.JPG
新ルートの途中にある柴尾神社で休憩(笑)



160408大山50.JPG
桜並木を抜け・・・



160408大山51.JPG
うどん屋発見!(`・ω・´)

というわけで、坂を下ってうどん屋さんへ!

本当に300mなのかよ!

と文句を言いながらも



160408大山52.JPG
うどん屋到着!

しかし営業してませんでした(´;ω;`)
土日のみの営業らしいです。

 うどんをあきらめ、来た道を戻ります。



160408大山53.JPG
本日3つ目のトンネルを抜けると・・・



160408大山54.JPG
船上山ダムです!

向こう側にそびえているのが船上山です。

ここでの休憩中に、優しい私は山の斜面にわずかに見えるガードレールを指差して、
今からあそこを通りますよ〜と教えてあげました(^ω^)

そしてヒルクライム開始です。



160408大山55.JPG
真下から眺める船上山は壮大です。



160408大山56.JPG
展望台で記念撮影しまくってたら、チュミチュミさんが先に行っときます!と言って先に行ってしまいました。

この先には日本海が見える絶景ポイントが!

慌てて追いかけましたが、絶景がチュミチュミさんの目にとまったらしく、自ら自転車を止めていました。



160408大山57.JPG
霞んで海がはっきり見えなかったのは残念ですが、それでも我々の足を止めるには充分な景色でした。



160408大山58.JPG
坂を下り広い道に出ます。



160408大山59.JPG
緩いけど見た目よりもきつい上りが続きます。



160408大山60.JPG
山の向こうに大山の北壁が見えます。

道はまだまだ上ります。

そして、頂上の一息坂峠に到着です。



160408大山61.JPG
「どこが一息やねん!アホンダラ!ボケ!カス!」

あの紳士で有名なチュミチュミさん暴言を吐きながら座り込んでしまうぐらいキツかったようです(´・ω・`)

私の記憶では、ここからは最後の激坂までは大したことなかったはず!

あとは最後の激坂だけですよ!

そう言って出発します。



160408大山62.JPG
短い坂道はダンシングで私をぶち抜いて行きます!

さすがパワー系!
まだそんなパワー残ってたんや(´・ω・`)

 そしていよいよ



160408大山63.JPG
最後の激坂です!

ここから約3.4km平均勾配約10%ほぼ直線の長い長い最後の戦いが始まります。

ハァハァ

ハァハァ

ハァハァ

(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

何とかゴール!!

めっちゃしんどかった(>_<)

めちゃくちゃしんどかったのでチュミチュミさんを迎えに行くかどうか悩みます(´・ω・`)

この時点で100km超えてたからもういいか(´・ω・`)



160408大山64.JPG
というわけで、朝は見えなかった大山をバックに1人で記念撮影(笑)



160408大山65.JPG
でも気になるのでチラ見しに行きます(´・ω・`)

姿が見えないので下って行くと・・・

ん!(´・ω・`)



160408大山66.JPG
本人曰く足着きしてないからセーフだそうです(笑)

そして、最後の力を振り絞って・・・

ゴール!!!

お疲れ様でした〜!



160408大山67.JPG
チュミチュミさんは自転車を立て掛けると同時にその場に倒れ込んでしまいました。

注)これはヤラセではありません(笑)
  わざわざこんなことを書くっていうことは普段は・・・
  いやっ!なんでもありません!

 チュミチュミさんが気を失ってる間に歩いて飯屋を探しに行ったのですが近所の飯屋はみんな閉まってました(´;ω;`)

というわけで、残念ですが今日はここで解散。

 チュミチュミさん!
はるばる鳥取県まで来ていただきありがとうございました!
おかげさまで1人では味わえない楽しいライドができました。
また一緒に走りに行きましょう!

 そして、新コースですが、ほとんどが平坦ですので、ツール・ド・大山に参加しようと思う猛者ならアベレージ15km/h以上で走り抜ける事はたやすいと思います。
というわけで、難易度は去年までよりも下がったのではないでしょうか?
あくまで、私の個人的な感想ですが。
ちなみに私は旧コースの方が好きです。

さて、ツール・ド・大山新コースを試走してきたわけですが、ここである事に気付いてしまいました。

そのある事とは・・・

おれ、ツール・ド・大山
仕事で出られへんかったわ(´;ω;`)



160408大山68.JPG
ツール・ド・大山ですが、現時点(2016年4月14日)ではまだ申し込み出来るはずなので、この記事を読んで興味を持たれた方は是非申し込んでみて下さい。
きっと大山の素晴らしい景色があなたを迎えてくれることでしょう。
でも、山が苦手な人にはキツイです(>_<)


 本日(4月8日)の記録
 走行距離 102.21km
 走行時間 5h18m46s
 平均速度 19.2km/h
 最高速度 73.2km/h
 高度上昇 2535m
 ケイデンス平均 69rpm
      最高 113rpm
 心拍数平均 - bpm 
    最高 - bpm 
 消費カロリー 4382C
 平均気温 13.9℃
 最低気温 6.0℃
 最高気温 25.0℃
心拍計持っていくの忘れましたあ\(^o^)/

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日はゆるポタですから!ツール・ド・大山新コースを試走してきました!その2

 はい!ど~も~!

いやあ〜、なんか急に寒くなりましたね〜

もう長袖ジャージとかしまったのに、まだいるのかなあ?

寒くて着る服に悩んだ昨日(4月12日)の記事は後日アップする予定です。

というわけで前回からのつづきです


160408大山04.JPG
 現在の気温は9℃

時刻は朝の7時前、これから気温は上がりそうですが、前回走った時、第1チェックポイントの辺りはめちゃくちゃ寒かったような記憶があります。

服装に悩みます。

 というわけで今日の服装
  長袖ジャージ(15℃対応)
  ビブショーツ
  コンプレッションインナー上下
  指切りグローブ
  背中のポケットにはウインドブレーカー
 途中寒かったけど半袖ジャージでもいけたかな?



160408大山05.JPG
それにしても今日は大山が全く見えません。

チュミチュミさんの日頃の行いが悪いせいでしょうか(´・ω・`)?



160408大山03.JPG
 早速スタートです。

今日は時間を気にせず、写真を撮りながらゆっくりまったり進んで行きたいと思います。

というわけで
今日は景色を楽しむゆるポタです!(`・ω・´)ゞ



160408大山06.JPG
しかし!ツール・ド・大山のコースは、いきなり上りから始まります!

「もう足終わった〜!」

チュミチュミさんが後ろで何か叫んでますが放っといて行きましょう(´・ω・`)

喋れるうちはまだまだ元気な証拠ですからね(笑)

果たしてゆるポタで最後まで行けるのでしょうか(笑)



160408大山07.JPG
まずはモンベルショップの前の橋でストップです。

写真では分かりにくいですが、ここから美保湾、米子の街、中海が見えます。

まさしく絶景です。

まだスタートしてから500mも走ってませんが、これからも絶景ポイントでバンバン止まりますよ〜!

今日はゆるポタですから!(`・ω・´)ゞ

 ここからさらに1kmほど上ってから長いダウンヒルです。

ダウンヒルの途中、桝水原という最も大山らしい大山が観れるポイントがあるのでそこで止まることを告げてから坂を下り始めます。

そして、桝水原に到着です。

もちろんここでも自転車を並べて記念撮影です。

今日はゆるポタですから!(`・ω・´)ゞ



160408大山08.JPG
しかしながら、今日は
大山が全く見えません(´;ω;`)

チュミチュミさんの日頃の行いのせいでしょうか(´・ω・`)



160408大山09.JPG
 さて、ここからが長い長いダウンヒルです。

もう、これでもか!ってぐらいに下っていきます。

今日は前日の春の嵐の影響で路面は濡れているし、落ち葉や枝が沢山落ちているのでスピードは控えめに慎重に下りていきます。

ダウンヒルの途中で左折するので勢い良く下っていると行きすぎるので注意してください!

私は初めて来た時、ここで行きすぎました(笑)



160408大山10.JPG
神戸と比べて少し寒いせいかまだまだ桜が綺麗ですね(^ω^)



160408大山11.JPG
この辺りからは田んぼや畑に囲まれたのどかな道を緩やかに上っていきます。



160408大山12.JPG
1つ目のトンネルを抜けると・・・



160408大山13.JPG
激坂でした(´;ω;`)

右がさっきのトンネル。
左がこれから通る道。

この辺りからチュミチュミさんが遅れだします。

というわけで坂を登り終えたら迎えに行きます!

少しずつ距離を稼いで自分だけ100km走ろうという作戦です(笑)

果たして自分だけ100km作戦は成功するのでしょうか(´・ω・`)?

まだまだ緩い上り基調の道は続きます。



160408大山14.JPG
途中にある添谷展望駐車場で休憩です。

今日はゆるポタですから、ここでも景色を眺めます。



160408大山15.JPG
本来ならば草原の向こうに大山が見えるのですが・・・

やはりチュミチュミさんの日頃の行いが・・・

 休憩を終えさらに進みます。



160408大山16.JPG
ところどころに桜の花が咲いています。

そして、眼下に広がる絶景を見つけると遠慮なく止まります。

今日はゆるポタですから!(`・ω・´)ゞ



160408大山17.JPG
向こうの山に雲がかかって幻想的な雰囲気を醸し出しているんですが、わかりますかねえ?

いいカメラを使えばこの感動を伝える事が出来るのでしょうか?



160408大山18.JPG
絶景をバックにパチリ!

 さて、この辺りから第1チェックポイントの鏡ヶ成まで激坂が続きます!



160408大山19.JPG
き、きつい(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ



160408大山20.JPG
と言いながら上から盗撮(笑)

私は3回目だから余裕が有るんですよ( ^ω^)



160408大山21.JPG
雪が残ってるので記念撮影\(^o^)/



160408大山22.JPG
そして、第1チェックポイントの鏡ヶ成に到着です。

ここからは山陰のマッターホルンと呼ばれる烏ヶ山が見えるはずなんですが、
今日は全く見えません(´;ω;`)

ところが・・・



160408大山23.JPG
私の日頃の行いが良いため(笑)か、雲が晴れ突如その姿を現しました!

しばらく、その姿を眺めます。

っていうか寒い(´;ω;`)

 寒さですっかり身体を冷やした(笑)我々は鏡ヶ成を後にします。



160408大山24.JPG
山肌にはまだところどころ雪が残っています。

身体が冷え切ったので脚が全然回りません(´;ω;`)

そしてツール・ド・大山で最も標高が高いポイントに到着!



160408大山25.JPG
熊にビビりながら記念撮影(笑)

 そして、ここからが恐怖のダウンヒルです!

ここからのダウンヒルはカーブもきつく、路面も濡れていて落ち葉や枝が落ちているので注意が必要です。

途中に景色がいい場所が何ヶ所かあるのでそこで止まる事を告げてから坂を下り始めます。

そして坂を下り始めてからある事に後悔するのでした。

さ、寒すぎる!(´;ω;`)

寒さに凍えながら坂を下ります。

せめてウインドブレーカーを羽織ればよかった(´;ω;`)



160408大山26.JPG
そして絶景ポイントである東大山大橋でストップ。

記念撮影をしたら次のポイントに移動です。

景色がいい場所を探しながら何度も止まりました。

そうです。
今日はゆるポタですから!(`・ω・´)ゞ



160408大山27.JPG
地蔵峠展望駐車場からの眺めです。

優しい私は、ここから眼下に見えるあの集落を通って、左側に見えるあの尾根の向こうに行く事をチュミチュミさんに伝えます(^ω^)



160408大山28.JPG
さっき上から見た養鶏場の横を通り



160408大山29.JPG
さっき上から見た集落を走り抜けます。



160408大山30.JPG
 そして、ここから先はいよいよ新ルート、未知のコースです!

制限時間+1時間で距離+15km獲得標高+200mとなっています。

果たして、今年のツール・ド・大山は前コースより厳しくなるのかそれとも楽になるのか?

つづく(´・ω・`)


ここまで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ一つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

西播磨最後のシメはもちろん・・・ブロガー御用達!西播磨を嗜みまくるライド!!最終回

はい!ど〜も〜!

いや〜今日も寒かったですね。

というわけで、いきなりつづきです。

前回までの記事はこちら
 ↓ ↓ ↓
牡蠣嫌いは室津の牡蠣を食べられるのか?ブロガー御用達!西播磨を嗜みまくるライド!!その1

緊急指令!対地巡航ミサイルを追尾せよ!ブロガー御用達!西播磨を嗜みまくるライド!!その2

乗り気さんの書いた記事はこちら
 ↓ ↓ ↓
西播磨を楽しむライド①

160308西播磨43.JPG
乗り気ミサイルを追尾してなんとか新さよに到着

もうフラフラです(´;ω;`)

早く補給しなければ死んでしまう(笑)



160308西播磨44.JPG
オヤジのコテが火を噴くぜ(`・ω・´)



160308西播磨45.JPG
これが店のオヤジお勧めの黒毛和牛のホルモンです!



160308西播磨46.JPG
そして佐用名物ホルモンうどんです!



160308西播磨47.JPG
先ほどのホルモンはご飯に乗せていただきます( ^ω^)



160308西播磨48.JPG
こんな感じでいただきました~\(^o^)/

んまい!

ここ新さよもまた来ることにしよう!

おなかも満たされたので次なる嗜みポイントに向かいます。

残念ながら次の嗜みポイントで今日のライドは終わりです。

そう!もちろん最後に向かうのはあの場所です!

しかし、新さよに来るまでの間に平地を嗜みすぎた?私はすでに限界を超えています。

というわけで、ここからは私が乗り気さんをフタをします引きます。



160308西播磨49.JPG
っていうか坂道ばかりだなあ〜おい!



160308西播磨50.JPG
そして野生の勘?でこの先にはコンビニも自動販売機も無いと感じ取った私はローソンにピットイン!

私がコンビニでう◯こしている間にこんなネタを仕込んでいたとは・・・



160308西播磨51.JPG
この男!出来る!



160308西播磨52.JPG
コンビニ休憩を終えさらに山奥へ(笑)

人が一生懸命坂道を上っているのに



160308西播磨53.JPG
この余裕(笑)

オレ


160308西播磨54.JPG
(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァハァハァハァハァハァハァ

も、もうすぐ頂上や・・・

それにしても、山まで嗜まさせるとは・・・



160308西播磨55.JPG
や、やっと下りや・・・

播磨科学公園都市の中を抜けていきます。

このあとも峠を2つぐらい越えたかなあ(´;ω;`)

そしてようやくたどり着いたのが・・・



160308西播磨56.JPG
そうです!西播磨サイクリストの聖地!だるま珈琲です!

入口の前に変なのが転がってますが、この後速やかに除去されました。



160308西播磨57.JPG
乗「ごめん、邪魔するで〜」

中から「邪魔するんやったら帰って〜!」って声が聞こえたとか何とか(笑)

よしもと新喜劇ごっこを終え中に入りカウンターに座ります。



160308西播磨58.JPG
私が注文したのがこちら

私「なんか誰かのブログで最近見てん」

乗「それ!この間食べました!」

事前に潜在意識の中に食べるメニューを刷り込んでくるとは・・・
この男!出来る!

それにしても・・・
食べ方が分かりません(´;ω;`)

パンくずをポロポロこぼしながらいただきました(笑)



160308西播磨59.JPG
ちなみに乗り気さんが注文したのがこちら

だるま珈琲でしゃべり倒したくつろいだ後は帰るだけです。

マスター!忙しい時間帯にもかかわらずお相手していただきありがとうございました。



160308西播磨60.JPG
だるま珈琲の後は乗り気さんの後について出発地点に帰ります。



160308西播磨61.JPG
再びはりまシーサイドロードを嗜みます。

そしていきなり進路を変える乗り気さん!



160308西播磨62.JPG
おいおいおいおい
おい!

そっちは・・・



160308西播磨63.JPG
1人でぶっ飛んでいきました(笑)

仕方がないので
最後の力を振りしぼって・・・


うおおおおおおお!


のわああああああ!


ぎえええええええ!






結果・・・



160308西播磨64.JPG
ち〜ん
お亡くなりになられました(´;ω;`)



160308西播磨65.JPG
まさか2万葉してしまうとは・・・

西播磨ライドのシメは万葉岬になってしまいました(笑)

美しい景色を嗜んだ後は、今度こそ本当に帰ります。


160308西播磨66.JPG


160308西播磨67.JPG
今日のライドが終わってしまうのを惜しみながらスタート地点である道の駅みつを目指しま・・・



160308西播磨68.JPG
おい!
攻めすぎやろ!

ちょっと油断するとスピードが上りすぎる乗り気さんには困ったものです(´・ω・`)



160308西播磨69.JPG
そして道の駅みつに到着



160308西播磨70.JPG
乗り気さんとはここでお別れ

お疲れ様でした〜!



160308西播磨71.JPG
私はこの後、近所の駐車場に向かいますが、
乗り気さんはまだ走り足らないとのことで姫路の自宅まで自走って・・・
変態ですか!

乗り気恐るべし(`・ω・´)

 さて、今回ワタシのワガママで始まった「ブロガー御用達!西播磨を嗜みまくるライド!!」

姫路に住んでるというだけでコースを全てお任せし、それを快く引き受けてくれた乗り気さんに感謝です。

乗り気さん、この度は本当にありがとうございました。

これに懲りずにまた一緒に遊んでくださいね。


本日のコース



 本日(3月8日)の記録
 走行距離 115.24km
 走行時間 4h47m33s
 平均速度 24.0km/h
 最高速度 67.4km/h
 高度上昇 1372m
 ケイデンス平均 80rpm
      最高 199rpm
 心拍数平均 146bpm 
    最高 189bpm 
 消費カロリー 2256C
 平均気温 15.4℃
 最低気温 11.0℃
 最高気温 22.0℃

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
皆様の1票が明日への活力となっています。
よろしければ1つポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

443号

Author:443号
何となく体を鍛えるために購入した自転車
最初はただの健康のための道具に過ぎなかったのですが・・・

40歳にして自転車(ロードバイク)の魅力に目覚めてしまった漢の記録を綴っていきます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング

自転車 ブログランキングへ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
広告  
自転車
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR